0131_xlarge

男の子のママなら一度は「女の子は育てやすそうでいいなぁ」と思った経験があるのではないでしょうか。

まず、自分にはついていないオチンチンの問題、体調を崩しやすくて病院通いが多い気がする、など身体面の悩み。
また性格的にもやる気がない、集中力がないなど、女の子よりも手がかかっているように感じることもしばしばですよね。

どうすれば、わが子を心身ともに健やかに成長させることができるのでしょうか。日頃の男の子ママの悩みを、ここで一挙に解決しましょう!

オチンチンはむくべき? 「割礼」について医師に聞いた

shutterstock_358574150

男の子のママなら一度は気にしたことがあるかもしれない、割礼(かつれい)という行為。

割礼とは、男性器の包皮の一部を切除すること。アメリカでは半数以上の赤ちゃんが割礼をしているそうですが、1998年にアメリカ小児科協会が医療上の理由で行うことを推奨するのをやめてからは、減少傾向にあるようです。

ここでは、割礼や包茎手術について医師がメリット・デメリットを解説します。

----割礼のメリット

割礼をすれば、男性器を清潔に保ちやすくなるといわれています。また、真性包茎(常に亀頭部分が皮に覆われていてひっくり返すことができない状態)の場合、不特定多数の人と性行為を持った場合に、性感染症にかかるリスクが高まるともいわれています。

「大人になってから治療を受けるなら、早い段階で」と乳幼児の割礼を希望するご両親も多いようです。 

----割礼のデメリット

新生児に割礼をする場合、麻酔をせずに行います。麻酔をする場合も、本当に新生児に安全で効果的なものか正確にはわかっていません。

また割礼により、赤ちゃんの眠りのパターンが定まらない、親との絆に影響する可能性があるともいわれています。

新生児の赤ちゃんの大半は包茎です。赤ちゃんの身体を洗うときに、包皮を下に下げてアカを洗い流すだけで、清潔さは保てます。

もし赤ちゃんの割礼について不安や疑問があれば、病院で医師に相談しましょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます