Resistar RecordsResistar Records

1月7日、東京・TOKYO DOME CITY HALLにて「治外法権 -新春だょ全員集合!!2017-」が開催された。

恒例のResistar Recordsのレーベルイベントに、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、Blu-BiLLioNの3バンドに加えて、Riostar Recordsから弾丸 NO LIMIT、LEZERD、ジャックケイパーが参加し、新年のイベントにふさわしく様々なサプライズもあり、大いに盛り上がった。

開演時刻になり幕があがると、色とりどりのつなぎを着用したResistar Records所属バンドが勢揃い。「ハッピーニューイヤー!」と始まったのはSTOMPパフォーマンス。デッキブラシやペットボトルを手にし、リズムを奏でるメンバーたちに客席の方々から「かわいい!」「かっこいい!」と黄色い声があがる。

「Resistar Recordsを今年もよろしくお願いします!」という新年のあいさつでオープニングは幕を閉じた。

Resistar RecordsResistar Records

ジャックケイパー

「これは新年の挨拶ではございません! これは我々のような新参者が、このような一大イベントに出演させていただいて、ありがたい気持ちと申し訳ない気持ちを表す土下座でございます!」と、意表をついた登場をしたのは”イタズラ”をコンセプトに掲げるジャックケイパーだ。

「仕方なく席を”埋め”ているお客さまにも感謝し、ささやかな感謝と謝罪の気持ちを込めて、梅干しをプレゼントさせていただきます」と、飛炉(Vo)曰く「ドンキで500円で購入した」という梅干しの袋を見せつけ、笑いを誘った。

そして気を取り直してSEを流して飛炉、ひな太(G)、李九(G)、U(B)、英(Dr)メンバー全員再登場。
「どこにも負けねえぞ!」と、さきほどの低姿勢とは打って変わって勢いよく煽る飛炉。広い会場をものともせず、『イタズラ病ギャング』などの3曲に全力投球した。

セットリスト

1.妄想スパイス
2.イタズラ病ギャング
3.you=害虫

準々セッション(準々(Vo)、一樹(G)、ミケ(B)、燕(Dr))

幕があがると、お立ち台に準子こと女装した準々が仁王立ち。

昨年夏のツアーでも行われたというこの準々セッション。バックを務めるのは一樹(G)、ミケ(B)、燕(Dr)。「準子はかわいい~みんなのアイドル~」とサビでリフレインする『狂気』を披露。「今日は準子昇天する! 天に昇りつめると書いて昇天ってヤバくない?」とこの日の意気込みを語る。

そして「こんなんで押すと怒られっからね?」と『生殺し』で短いながらフロアをカオスに落とし込み、準子のステージは終了したのだが、最後まで詰めた胸(準子いわく”シリコン”)の位置を気にしていた…。

セットリスト

1.狂気
2.生殺し

弾丸 NO LIMIT

続いては弾丸 NO LIMIT。手拍子で未夢(Vo)、Leo(G)、ちか(B)、悠介(Dr)らを迎えるフロア、そしてそれに応えるメンバー。

ライブは『I”ll Sing』からスタート。3年前の「治外法権」でお披露目された彼らも、昨年はBlu-BiLLioNのツアーのOAもつとめあげ、堂々としたステージングをみせるまでに成長した。

「今年は酉年ということで、目標のその先まで楽しんでいこうと思います。まずそのためには新年のこのライブでココにいる全員と熱の熱のぶつかり合いをしたいと思います!」と宣言する未夢。

続いて『ソノ嘘ホント』を経て、「このイベントは俺たちにとって特別な思い出深いイベント、3年前と今の俺たちの違い、見せつけてもいいですか?」と『Graffiti』を熱く歌い上げ、定番の”弾丸サイン”で観客を撃ち抜いてステージをあとにした。

セットリスト

1.I’ll Sing
2.ソノ嘘ホント
3.Graffiti

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます