「ねぇねぇ、誰かいい人いない?」う~んと言いながらも「紹介できるわけないでしょ!」と心の中でツッコんでいませんか?

いくら友だちとして仲良くしていても、紹介しにくい女性っていますよね…。周りに紹介を頼んでも、なかなか実行に移してもらえないなら、ちょっとマズいかも。

そこで今回は、頼まれても男友達には紹介しにくい女性の特徴をご紹介いたします。

恋愛体質で男性に依存しやすい人

友達として長年付き合っていると、良くも悪くも恋を始めてからの変化をお互いによく分かっているものです。

たとえば、彼氏ができるたびに、会う頻度が少なくなったり、ドタキャンを繰り返していたりと、恋愛体質から抜け出せずにいる人なら、なおさら自分の男友達を紹介しようとは思いません。

なぜなら、男友達が苦労するのが目にみえているから…。どんな男性でも一人の時間を削られることに、まったく抵抗を覚えない人はいないはず。

周囲から紹介をお願いされたいなら、恋愛体質を改善するか、あまり詳細には自分の恋愛事情を伝えないほうがいいかも…。

熱しやすく冷めやすい傾向がある人

恋愛体質とは別に、熱しやすく冷めやすい人っていますよね。やたらと恋がしたいと騒ぐ時期もあれば、もうどうでもいいや、面倒くさいとなる時期もあったり…。

どんな人にも感情の上がり下がりはあって当然ですが、あまりにもそれが激しいと、紹介する立場としては、男友達を預けるわけにはいきません。

恋愛に限らず、他のことにも熱しやすく冷めやすい傾向があるなら、なにか一つでも長期間続けて、なおかつ結果をだしている姿をみせると、周囲のあなたの見る目も変わる可能性があります。

恋愛絡みの用事しか連絡してこない人

きっとあなたの周りにも恋愛絡みしか連絡をしてこない人がいるでしょう。

久しぶりに連絡が来たと思っても「誰か紹介して~!」。お茶したいというから、行ってみれば「いい人いない?」と結局、男絡み。

友情よりも恋愛を重視しすぎる人に対して、信頼できる男友達を紹介しようとは思いません。

誰かから紹介してほしいと思うなら、そもそも恋愛の前に人間関係を大切にするべきでしょう。利益ばかり求めてくるような人は、周りからも距離を置かれてしまいます。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます