人から投げかけられた何気ない言葉に、ドキッとした経験が誰だって一度はあるはずです。特にそれが、親しい友達や恋人など、距離間が近い人からだと尚更ではないでしょうか。

そこで、今回は男性が妻から来ると、なぜか冷や汗をかいてしまうLINEを4つピックアップしてみました。

ちょっと懲らしめてやりたいことがあった時に使うのにピッタリですよ。

「友達が、●●であなたを見かけたって」

「思い出せない場所でのことだったりすると、焦るかも」

「最近は不倫や浮気のニュースが多いので、疑われたのか!? とヒヤッとします」

など、変な疑いをかけられたんじゃないかと勘ぐって、冷や汗をかく男性が多いようですね。

ただ、ドキッとはしても、やましいことがない場合は、意外と軽く流すような返信をするそう。

逆に、この後の返信に言い訳がましいと感じる部分があったり、話題を逸らされたりした時は、男性側にやましいことが何かしらある可能性があります。

この時は追及せず、また時間が経ってからカマをかけてみて、反応を観察してみるといいかもしれませんね。

「ポケットから、こんなの見つかりました」

男性が冷や汗をかく定番の言葉でもあります。

届いた瞬間に、

「飲み屋のオネーちゃんの名刺を入れたまんまだったかな」とか、

「え!なんか入れてたっけ!?」

「パチンコ行ったのバレたかな」

など、色んな妻にバレたらとやかく言われそうなことが頭の中を巡るそうです。

男性は女性よりも、ポケットに何でも入れるタイプの方が多いですから「取り出し忘れた!」と焦ってしまうのも仕方ないのかもしれません。

本当にやましいものを見つけたら、逆にLINEなんてしないことに、気づいてないんでしょうね。

「寝言で、女の人の名前を言ってたよ」

たとえ、それがハマっているアニメの主人公であろうとも、大好きな女優さんであろうとも、一度は「何言ってたんだ、こいつ」と面白く感じた後に、イラッときますよね。女性にとっては。

またそういうことにばかり、興味を示す旦那様を懲らしめてやろうという想いも込めているはず です。

もちろん、男性陣はそんなこっちの思惑を分かっていませんから、「誰の名前を言ったんだ!?」と、歴代の彼女やセフレ、女友達の名前を思い出して、冷や汗をかいてしまうそう。

あまりにもイライラが募った時に、このLINEを送って、困らせてみるのもありではないでしょうか。

「言わなきゃいけないこと、あるんじゃない?」

「なんかあったっけ!?と、かなり昔のことまで遡って思い出そうとしてしまう」などと、勝手に過去の反省を始めて冷や汗をかく男性が多いよう。勢いあまって、勝手に謝り出す方もおられるとか。

他にも「このLINEの後に、『昨日が結婚記念日って知ってた?』みたいなのがきたら、もう……」と、落ち込む方も多いみたいです。

こっちが楽しい予定のことを言っていても、旦那様は勝手にマイナスな方に捉えて凹んでいくLINEと、覚えておくといいでしょう。

妻側が冗談で送っていることにも、冷や汗を勝手にかいてくれる旦那様は少なくないようです。

たまには、彼にイジワルなLINEを送ってビクビクさせてやりましょう。ちょっと日頃のストレスも緩和されるかもしれませんよ。ただし、やりすぎると喧嘩になりかねませんから、ほどほどにを忘れずに。

年上男性専門の恋愛コラム二スト。ブスでいじめられた過去を持ちながら、大学時代はキャバクラでアルバイト。なぜか新人賞を受賞する売れっぷりを体験し、「世の中、顔じゃない」と悟る。付き合った男性の90%は、なぜか歳の差10歳以上。彼氏=足長おじさん時代から、ようやく脱出し、現在“真面目な恋愛”を勉強中です。2016年にKindle本を出版予定。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます