生活が乱れて疲れ顔になっていませんか?  トラブル肌をなんとかしなければと、必要以上のケアをしていませんか?

時間に追われる生活をしていても、できる限りベストに近い肌状態を保ちたいですよね。

忙しい人でも最低限心がけたい、スキンケア・習慣とは?

皮膚科医が実践している極上肌のつくり方』の著者であり、医学的立場から発信するレシピ情報サイト「ドクターレシピ」の監修をされている小林智子先生に伺いました。

化粧水はさっとつければOK。必要以上のケアは逆効果

小林智子先生

皮膚科理論に基づくシンプルなスキンケアを実践し、どこから見てもつるつるの、まさに「極上肌」をキープされている小林さん。

基本的なスキンケアのポイントは――?

小林智子先生(以下、小林)「以前、なにかのアンケートで、『スキンケアの何に一番お金をかけているか』という項目があったのですが、そのアンケートでは化粧水が一番だったんです。クリームや美容液だろうと思っていたので、意外でした。

アメリカではクリームやオイルがメインという感じで、化粧水はそれほど重要視されていません。化粧水は、保湿というよりはクレンジングの締めのような役割。

日本人の肌は欧米人に比べて乾燥しやすいので、肌を整えるという意味では大事なのですが、少し化粧水に重きをおきすぎているような気がしています。

いい化粧水をたっぷり使っているからいい、というわけではないですし、何度もパッティングしたり、化粧水パックを長い時間、顔にあてていたりするのは、逆に肌によくありません。

むしろ、その後に使うクリームや美容液の準備として、肌を整える役割のほうが大切です。

コットンは使っても使わなくても構いません。素早く次の段階にいくために、化粧水はさっとつけ、クリームなどでしっかり保湿します。

化粧水が浸透するのは、肌の表層の部分だけ。『ぐんぐん浸透する』ようなイメージがあるかもしれませんが、それほどの保湿効果はないのです。

スキンケア製品をラインで揃えるのもいいですが、スキンケアの中でどれにお金をかけるかということであれば、化粧水は安くてもよく、美容液やクリームにお金をかけた方がいいと思っています」

基本は肌質に合う好みのものを。ブランドや価格より成分で選びたい

――自分に必要な化粧品の見つけ方を教えてください。

小林「私はスキンケアはわりとずぼらでいいと考えています。でもやはり、肌の汚れを取らないと別の肌トラブルを引き起こしたりもしますので、最低限のスキンケアは必要かと思います。

化粧品は、肌によって合う・合わないがありますから、敏感肌用のものを選ぶのが無難。ですが、人によって使用感などの好みも違いますし、実際に使って、自分の感覚に合うかどうかを判断されるといいと思います。

サンプルなども利用して、気になったものを使ってみる。それで、気に入ったらずっと使い続ける、でいいのではないでしょうか」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます