神奈川県立あいかわ公園のアスレチック「巨大ツリー」

秋の行楽シーズンに最適な、家族で思いっきり遊べるスポットを集めました。

子どもは思いっきり楽しめて、ママにとっては財布に優しいのも嬉しいポイントです!

無料とは思えない遊びや体験の充実したスポットばかりです。浮いたレジャー費で、夜は外食しちゃうのもいいですね。

1: アスレチックや話題のダム観光ができる!「神奈川県立あいかわ公園」

横浜から車で1時間というロケーションにある神奈川県立あいかわ公園(神奈川県愛甲郡)。緑溢れる広大な敷地の中でアスレチックに挑戦したり、藍染や紙漉きなどの伝統工芸を体験したりできる公園です。

日本経済新聞の「夏に行きたい観光ダム」で第1位に選ばれた宮ヶ瀬ダムと公園間には、専用のロードトレイン(有料)が走っています。

連日多くの子どもたちで賑わっているのは、「冒険の森」にある5種類の大型アスレチック。らせん状のロープを登っていく「巨大ツリー」や大きな「壁の迷路」、丸太を渡る「林間アスレチック」など、スリルを楽しみながらゴールを目指します。

ひとつクリアするたびに大きな自信を得て、子どもたちはどんどん夢中になっていくことでしょう。

神奈川県立あいかわ公園の「ふわふわドーム」

トランポリンのように飛び跳ねて遊べる「ふわふわドーム」も人気。未就学児と小学生向けの大小2つのドームに分かれているので、小さな子どもでも安心して遊ばせることができます。

自然豊かな園内を散歩するだけでも、充実した時間を過ごせます。春には40種類4万本のツツジが咲き誇る「花の斜面」や、木々が色づく秋の紅葉は見応えあり!

心地よい風が吹く「風の丘」からは、目の前にある宮ヶ瀬ダムや、晴れた日には横浜ランドマークタワーが見えます。

四季折々の景色や森林浴を楽しみながら、寝転んでお昼寝するのもおすすめ。ポップアップテントやお弁当を持参して終日過ごせるスポットです。

施設情報

所在地:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423

アクセス
<電車>
・ 小田急「本厚木駅」から神奈川中央交通バス「センター経由半原」行き「愛川大橋」下車、徒歩約20分
・ JR「橋本駅」から神奈川中央交通バスの終点「三ヶ木駅」で下車し「関経由半原」行きに乗り換え、「石小屋入口」下車、徒歩約15分

<車>
・東名高速道路「厚木IC」より約50分
・圏央道「相模原IC」より約20分
・横浜横須賀道路「新保土ヶ谷IC」より約45分

開園時間:8:30~18:00(秋冬は17:00)
料金:入場無料(体験工房は有料)
休園日:年中無休、ただし一部の施設で休みあり

※工芸工房村、愛川町郷土資料館、ロードトレイン「愛ちゃん号」は月曜休み
※年末年始(12/29~1/3)はパークセンター、工芸工房村、施川町郷土資料館は休み

設備:授乳室、オムツ交換台
駐車場:657台(平日無料、休日とGW、夏休みは有料)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます