1959年『りんごぼうや』(改訂版)原画
フォトギャラリー『ブルーナ絵本展』その他の画像を見る
  • 1963年『クリスマスってなあに』原画
  • 1966年『しらゆきひめ』原画
  • 2004年『うたこさんへのうた』印刷原稿
  • 2000年『ろばのみみ』印刷原稿
  • 1969年『くんくんとかじ』原画

世界中で人気の絵本の主人公「ミッフィー(うさこちゃん)」の生みの親であるディック・ブルーナが、初めての絵本『de appel(りんごぼうや)』(初版)を出版したのは1953年のこと。

絵本作家としてのブルーナのデビュー70周年を記念する展覧会が、松屋銀座8階イベントスクエアにて、8月15日(火)から8月30日(水)まで開催される。

オランダのユトレヒトで生まれたディック・ブルーナ(1927-2017)は、家業の出版社でデザイナーとして働き始め、2000冊を超える自社のペーパーバック「ブラック・ベア」シリーズの装幀やデザインを手がける一方、生涯で120冊以上の絵本を生み出した。

1955年に出版された『nijntje(ちいさなうさこちゃん)』(初版)から始まる「ミッフィー」シリーズは、世界的なベストセラーとなり、ブルーナは世界で最も有名な絵本作家のひとりと目された。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます