iPhoneの通話録音ができるAI通話アプリ「Switch」の画面

アトラスコネクトは11月21日、iPhoneによる通話の自動録音と文字記録(文字起こし)できるAI通話アプリ「Switch」をリリースした。今使っている番号のまま、発信・受信の両方の通話を録音、かつAIによる文字起こしができる。

ハードウェア不要で受話・発信・文字起こしに対応

AI通話アプリ「Switch」は、iPhoneで通常に使っている電話番号にかかってきた電話や、相手に自分の番号を発信表示させた通話を録音・文字起こしできるアプリだ。録音された音声はAIによりチャットソフトのようにテキスト化され、テキストをクリックすることで音声の早見出しとしても利用できる。

有料版は月額3990円だが、無料版でも機能制限はあるがかなり多くの機能を使うことができる。

操作方法も簡単で、録音ボタンなどを押す必要がなく、かかってきた電話や発信する電話のすべてを自動で録音開始することなどができる。

自動文字起こしは日本語以外にも英語・中国語・韓国語・スペイン語・フランス語などに対応しているため、外国語の電話のやりとりの記録できる。

なお、記録(録音)できるよう、「かかってくる電話」をSwitchアプリで受けるためには着信転送設定が必要になる。

着信転送とは、電話番号(080や090番号等)に相手が電話かけた際、特定の番号に転送できるよう各キャリアが提供しているサービス。着信転送サービスの利用にはSwitchの利用料金とは別途、通信キャリアの費用が発生する場合がある。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます