キングジムと伊藤園、茶殻をアップサイクルして共同開発した紙製ホルダーを発売

キングジムと伊藤園は12月8日に、伊藤園が展開する「茶殻リサイクルシステム」から生まれた「茶殻紙」を活用して共同開発した、「紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」を発売する。

伊藤園×キングジム 茶殻をアップサイクルした「茶殻紙」を使用

「紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」は、伊藤園の「お~いお茶」などの日本茶飲料の製造過程で排出される茶殻をアップサイクルした、「茶殻紙」を活用して開発されたA4サイズの紙製ホルダー。

「茶殻紙」は、紙パルプを混合して生産されており、通常の紙を使用するよりも紙原料の使用量を削減できる。また、ほのかなお茶の香りを楽しめるようになっており、ホルダー本体だけではなくパッケージにも「茶殻紙」を使用している。

ラインアップは、「紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」と「二つ折り紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」の2種類を用意し、どちらも内側には茶葉のデザインがプリントされるとともに、「茶殻紙」ならではの地模様によってホルダーに収納した書類が外から見えにくい。

「二つ折り紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」は、フルート加工によって表面が波状で折れ曲がりにくい仕様となっており、内側に名刺用スリットを備える。税別価格は、「紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」(10枚入り)が920円、「二つ折り紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」(2枚入り)が830円。

伊藤園の「茶殻リサイクルシステム」は、茶系飲料を製造する際に排出される茶殻をリサイクルして、限りある資源の代替え原料としてさまざまな製品に生まれ変わらせる独自のシステム。「紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」(10枚あたり)には「お~いお茶」の600mLペットボトル3本分、「二つ折り紙製ホルダー(茶殻紙タイプ)」(2枚あたり)には「お~いお茶」の600mLペットボトル2本分の茶殻が配合されている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます