ミーレ・ジャパン、サイクロン掃除機2機種、ロボット掃除機2機種を発売

ミーレ・ジャパンは、サイクロン式キャニスター掃除機「Boost CX1」シリーズ2機種と、ロボット掃除機「Scout RX3」シリーズ2機種を、11月21日に国内6カ所のMiele Experience Center(直営店)および公式オンラインショップにて発売する。「Boost CX1」シリーズ2機種は、ミーレストアamazon店、ミーレストア楽天市場店では12月22日、全国のミーレ販売店では2024年1月以降の販売開始を予定している。

最上位のロボット掃除機は「カメラ搭載」で部屋をモニタリング

「Boost CX1」シリーズは、高効率な物サイクロンテクノロジーによって最大時速100kmの気流を発生させて、最適な空気の流れ、革新的なモーター、気密性の高い床用ノズル構造を組み合わせることで、粗いゴミと微細なチリを効率よく分離し、高い掃除性能を実現する「Vortexテクノロジー」を搭載する。

吸引力は4段階での調整が可能で、フローリングやカーペットなどあらゆる床の掃除に対応するほか、低いパワーならカーテンなど薄い生地の掃除にも適している。また、付属のノズルや別売のアタッチメントを使用すれば、天井や壁、家具なども掃除できる。

パワフルな吸引力を実現するため、本体の重さは7.8kgと重いものの、本体側面の車輪と、底面のスチール軸を備えた360°回転するキャニスターの組み合わせによる「TrackDrive」が安定した走行を保ち、小回りもきくので、掃除中に重さを感じさせない。

さらに、モノサイクロンテクノロジー、集塵フィルター、排気フィルターで構成される3段階のフィルターシステムを搭載している。

ラインアップは、エントリーモデルの「Boost CX1」と、高性能HEPAフィルターを搭載した「Boost CX1 Cat & Dog」の2機種で、「Boost CX1 Cat & Dog」はHEPAフィルターによって微粒子を99.95%キャッチするとともに、アレルゲンや花粉も逃さず、カーペットに絡まったペットの毛を強力に掻き出す「ターボブラシ」が付属する。

価格は、「Boost CX1」が5万9400円、「Boost CX1 Cat & Dog」が7万400円。

「Scout RX3」シリーズは、部屋の隅々までしっかりと掃除してくれるロボット掃除機で、Quattro Cleaning Power(クワトロクリーニングパワー)の採用によって、20本のアームによる高密度な2本のサイドブラシで壁際やコーナーにあるゴミをかき集め、本体下部に取り付けられたローラーブラシで吸引する。残された細かな粒子は、本体後部の吸引開口部からの強力な気流によって、強制的に除去される。

本体の高さは8.5cmなので、普段は掃除しにくいベッドやソファ、テレビ台の下といった家具の狭い隙間に入り込んで、隅々までしっかり掃除を行う。稼働状況は専用アプリで確認が可能となっており、どこからでも操作できる。

ラインアップは「Scout RX3」と「Scout RX3 Home Vision」の2機種で、上位機種の「Scout RX3 Home Vision」は本体にHD画質のカメラを搭載し、カメラのライブ映像はモバイル端末に送信可能なので、リアルタイムで部屋の様子を確かめられる。

価格は、「Scout RX3」が8万3600円、「Scout RX3 Home Vision」が9万9000円。

なお、11月21日~12月21日の期間に、「Boost CX1」「Boost CX1 Cat & Dog」「Scout RX3」「Scout RX3 Home Vision」を、Miele Experience Centerまたは公式オンラインショップで購入すると、それぞれの掃除機で使える排気フィルターがもれなくもらえる。

さらに、同社が2022年2月に開始した掃除機のメンテナンス・ケアサービス「ミーレ掃除機ケア 修理サービスパッケージ」の対象モデルに、「Boost CX1」と「Scout RX3」が加わっている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます