レモンタルト、福岡ソフトバンクホークスの公式アプリ「ためタカ!」の大幅リニューアルをサポート

レモンタルトは11月29日に、福岡ソフトバンクホークスが提供する公式アプリ「ためタカ!」の機能やデザインを一新する、大幅なリニューアルをサポートしたことを発表している。

「日常でも!観戦でも!ホークスの楽しみ方が広がる」アプリへ

今回、「ためタカ!」で行われたリニューアルでは、福岡ソフトバンクホークスの応援をより楽しめるよう、「ためタカ!」らしさを表現した使って楽しくなるポップな画面に刷新された。また、好きな選手をホームに表示できる「選手ポスター」(2024年2月以降にリリース予定)も搭載され、アプリを開くのがより楽しみになる。

あわせて、「試合日程」ではイベント情報の表示が増え、観戦予定を立てやすくなったほか、「観戦」には球場で楽しめる機能が1つにまとめられ、計画から観戦まで使いやすくなっている。

さらに、人気コンテンツである「ゲームでためる」のゲームが、新たに「ふうさんDASH」となった。「ふうさんDASH」は人気選手とふうさんが競争するゲームで、楽しくタカポイントを貯められる。また、「TVでためる」などの既存コンテンツに加えて、「ヒーロー予想」や「マイページ」へのリンクがホームにまとめられ、タカポイントを「貯める」「使う」コンテンツへのアクセスがしやすくなるとともに、新コンテンツと連動したポイント獲得といった、タカポイントがこれまで以上に楽しく貯められる新企画も予定している。

ほかにも、2024年2月頃に既存コンテンツに加えて、日常や観戦で楽しめる新コンテンツの解禁を予定しており、球場に来場した際に楽しめる「スタジアムガチャ」や「試合予想クイズ」をはじめ、「ためタカ!」を通じたさまざまな行動を通じてデジタルバッジを集められる「バッジ」機能などの新コンテンツが登場する。一部コンテンツは、2024年2月の春季キャンプからの登場予定となっている。

レモンタルトは、福岡ソフトバンクホークスのオフィシャルパートナーとして、デジタル領域を軸にさまざまなサポートを行っており、今回の「ためタカ!」リニューアルでは、「ためタカ!」成長戦略の検討とサービス再設計、デザインコンセプトとUI/UXの再設計、アプリのインターフェイスおよび基盤システムの開発において支援を行った。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます