ミラーレス一眼カメラ「LUMIX DC-G100D」

パナソニックは2024年1月26日に、ミラーレス一眼カメラ「LUMIX G」シリーズの新機種「DC-G100D」を発売する。ダブルズームレンズキット(DC-G100DW)、レンズ/トライポッドグリップキット(DC-G100DV)、レンズキット(DC-G100DK)を用意しており、価格はいずれもオープン。公式通販サイトでは、12月8日10時から予約を受け付ける。

2024年1月26日に発売

「DC-G100D」は、小型・軽量ながら写真も動画も高画質に撮影でき、使いやすさを兼ね備えたミラーレス一眼カメラ。はじめてレンズ交換式カメラを使用する人や、スマートフォン撮影からステップアップしたいでも、手軽かつ簡単に本格的な撮影を楽しめる。

有効画素数2030万画素のLiveMOSセンサーとヴィーナスエンジンを搭載し、忠実な色再現を実現しており、自分撮りや人物撮影時も快適に撮影可能な顔・瞳認識AFや、撮影後にピント位置を選べるフォーカスセレクト機能なども備えている。

さらに、現行機種「DC-S5」や「DC-G99D」と同等の、約236万ドットOLEDファインダーを搭載することで視認性を高めており、日差しの強い野外での写真撮影時などにも活用できる。また、高画質Vlog撮影を可能にする4K30p記録、効果演出で映像表現の幅を広げるスロー&クイック、手持ち撮影時の手ブレをしっかり抑える5軸ハイブリッド手ブレ補正機能といった、動画性能も充実している。

そのほか、接続端子がUSB Type-Cになり、モバイルバッテリによる本体バッテリの充電にも対応した。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカード、対応無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.2。サイズは幅115.6×高さ83.1×奥行き54.2mmで、重さは約346g(ボディのみ)。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます