「アレクサ、ノーリツでおふろを洗って」と話しかけると、浴槽の自動洗浄がスタートする

ノーリツは3月1日に、浴槽への湯はり・追いだき・床暖房に加え、音声による浴槽の自動洗浄の指示が可能な新システムの提供を始める。また、無線LAN対応の新リモコン「RC-G057PEW」を、同じく3月1日に追加発売する。 2018年9月発売の無線LAN対応給湯器リモコン「RC-G001EW」は、専用の「わかすアプリ」を更新すると、新たに音声AIアシスタントの「Alexa」に対応し、スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズをはじめとするAlexa対応機器を通じて、スマートスピーカーに「アレクサ、ノーリツでおふろを洗って」と話しかけ、風呂の自動お湯はり・追いだき、暖房/床暖房の運転、独自の浴槽自動洗浄機能「おそうじ浴槽」の運転ができる。

新システムは、共働き世帯の増加による「限られた時間でさまざまな生活シーンを有効に過ごしたい」というニーズの高まりを受けて開発した。

「RC-G001EW」は、スマートフォンを使って入浴者の見守りや外出先からの湯はり・温水暖房といった操作が可能な高効率ガスふろ給湯器「GT-C62 シリーズ」、同機能を搭載した高効率ガス温水暖房付ふろ給湯器「GTH-C シリーズ」向け。ECHONET Lite規格に準拠し、HEMSとの接続に対応している。

新たに発売する「RC-G057PEW」は、環境・省エネ性と快適性を両立したハイブリッド給湯・暖房システム「ユコアHYBRID」用の無線LAN対応リモコンで、同様に、スマホを利用して入浴者の見守りや温水暖房などの操作が可能なほか、新システムによってスマートスピーカーを介して音声操作が行える。税別価格は工事費別で5万4800円。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます