六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、ラフォーレ原宿などで「楽天ペイ(アプリ決済)」が利用可能に

楽天ペイメントは、スマートフォンアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を、森ビルが運営する六本木ヒルズや表参道ヒルズなど、森ビル流通システムが運営するラフォーレ原宿の商業施設などで、1月20日から順次利用可能にした。

楽天ペイに対応したのは、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、アークヒルズ、虎ノ門ヒルズ、ヴィーナスフォート(一部店舗を除く)などで、ラフォーレ原宿のみ2月20日の導入を予定している。

利用者は、それぞれの施設の対象店舗において、会計の際に楽天ペイのアプリ画面に表示されるバーコードを専用端末にかざして店舗側に読み取ってもらうことで支払いができる。

楽天ペイの利用によって、「楽天スーパーポイント」をためたり、支払いに使ったりすることが可能で、支払元のクレジットカードを「楽天カード」に設定すれば、楽天ペイと楽天カードのポイントをそれぞれためられるので、楽天スーパーポイントを二重取りできる。

なお、楽天ペイで楽天スーパーポイントを獲得するには、「【第2弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元」キャンペーンへのエントリーが必要。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます