各所でマスクの需要が飛躍的に拡大している

各所でマスクの売り切れが相次いでいる。多くの場合、入荷予定は未定。新型コロナウイルスによる肺炎が世界的に広がるなか、マスクが入手しづらい状況だ。医薬品を取り扱うビックカメラは、「集計は済んでいない」と前置きしつつ、「春節期間の前年同期比で10倍以上の売れ行きになっている」と推計。「入荷してもすぐに売り切れる」という。ヨドバシカメラも「需要は前年の6倍以上ある」と話す。

薬局などでもマスクを購入するのは難しい。大手マスクメーカーのユニ・チャームの広報担当者によると、「1月16日、17日の受注は通常時の10倍以上だった。その後も2~3倍で推移している。この状況をうけて、工場を24時間稼働に変更し、増産体制をとっている」と、状況の打開を全力で推し進める。それでも間に合わないケースが出るほど、マスクのニーズは急増しているようだ。

フリマアプリ上ではマスクを高額で転売するケースも発生しているが、マスクでは無くても、風邪やウイルス感染の予防が期待できる策はある。手洗いもその一つだ。外出先から帰ってきた際には、すぐに石鹸で指の間や指先まで丁寧に洗うといいだろう。また、うがいやアルコール消毒も有効だ。

世界保健機関(WHO)の緊急委員会は日本時間の1月31日未明、中国・武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生状況が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると発表した。

1月31日現在、厚生労働省によると、国内で新型コロナウイルスに関連した肺炎患者の発生は12例。同省は「国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です」と注意を呼び掛けている。(BCN・南雲 亮平)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます