(C)Michell

 綾野剛と星野源がW主演する、金曜ドラマ「MIU404」(TBS系)の初回が26日に放送された。

 本作は、警視庁の働き方改革の一環で作られたという架空の設定の臨時部隊「警視庁刑事部・第4機動捜査隊」を舞台に、刑事の常識に欠ける伊吹藍(綾野)と先回り思考で道理を見極める志摩一未(星野)がバディを組んで犯人逮捕に奔走する姿を描く。

 初回は、任務初日にバディを組んだ志摩と伊吹が乗った車があおられたことから始まった事件の捜査に挑んだ。

 本作は、脚本を「逃げるは恥だが役に立つ」や「アンナチュラル」で知られる野木亜紀子氏が担当し、「アンナチュラル」の塚原あゆ子氏が演出を担当。さらに、主題歌には米津玄師の書き下ろし曲「感電」が使用されるとあって、視聴者の期待値が高かった。

 放送がスタートすると、ツイッターのトレンドでは1位を記録。SNS上には「待っててよかった。気持ちのいいスピード感と魅力的なキャラ。最高に楽しいドラマ」「最強の布陣。めちゃくちゃ面白かったし、これは絶対最終回がきてほしくなくなるドラマだって感じる第1話だった」「ドラマも主題歌も魂抜けるぐらいすてきだから見た方がいい」といった、ドラマの仕上がりを絶賛する声が相次いだ。

 また、綾野と星野のバディぶりにも、「ひたすら格好良かったことだけは力説したい」「好み。かわいさだけじゃない闇抱えてます系の星野源。楽しそうだけど、結果、ぶっ飛びまくってる綾野剛。期待大」「綾野剛も星野源もセクシーが過ぎる」と歓喜するファンが続出した。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます