2020年の国内家庭用ゲーム市場は3673.8億円規模に

KADOKAWA Game Linkageが運営するゲーム総合情報メディア「ファミ通」は、2020年の国内家庭用ゲームソフト(パッケージ版のみ)と、ハードの売上速報を1月12日に発表した。集計期間は19年12月30日~20年12月27日。

 

20年の家庭用ゲーム市場規模は、ハードが昨年比116.4%の1856.6億円、ソフトが同108.9%の1817.2億円、合計で同112.5%の3673.8億円だった。ハード・ソフトともに前年比プラスとなるのは、17年以来、3年ぶりとなる。

年間ソフトランキングでは、「あつまれ どうぶつの森」(任天堂、637.8万本)がほかのタイトルに大きく差をつけて1位を獲得した。2位が「リングフィット アドベンチャー」(任天堂、208.7万本)、3位が「桃太郎電鉄~昭和 平成 令和も定番!~」(KONAMI、123.3万本)となっている。

ハード市場では、Nintendo Switchが2機種合計で595.7万台を売り上げ、2017年から4年連続で年間販売台数でトップを獲得した。続いて、2位のPlayStation 4が年間54.3万台、PlayStation 5が25.5万台を売り上げている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます