宮澤佐江

ーーさあ、佐江ちゃん! 今回もよろしくお願いします。

はい! よろしくお願いします。

ーー前回は、佐江ちゃんが現在出演中の舞台、『TOKYO TRIBE』の魅力や舞台裏について、たっぷりとお話をお聞きしました。

はい!

ーーその『TOKYO TRIBE』もいよいよ10/21(土)、22(日)の大阪公演(会場:松下IMPホール)を残すのみとなりましたね。

そうなんです。すでにロスが怖いよぉ〜。

ーー前回のお話では、「これまで佐江ちゃんがお仕事をしてきた世界とは、離れた世界で活躍されている方との出会いが、日々大きな刺激になっている」というお話も出ましたね。

そうですね。『TOKYO TRIBE』の舞台がなければ、出会わなかったであろう方たちとの出会いがたくさんありました。

でも、新しい出会いだけじゃなく、これまでにどこかしらでつながっていた方たちもいるんです。

例えば、ブッバ役のACEは高校の同級生だったり、號(ゴウ)役の植木豪さんも、過去に一緒にお仕事をさせていただいたことがあったり。

メラ役のSHUNくんをはじめ、今回共演したBeat Buddy Boiのメンバーのなかには、今回共演はできなかったけれど、48グループの楽曲へ振りを提供してくれた方もいたりするんです。

とにかく素晴らしいカンパニーで、皆、本当に仲がよくて。千秋楽を迎えたら本当にさみしくなりそう。

ーーそうですね。『TOKYO TRIBE』の千秋楽を迎えると、今年も早いもので残すところ、あと2カ月ちょっとになりますね。

あ、あと2カ月! 早いなぁ。

ーーそこで今回は、“2017年のラストスパートに向けて”をテーマに、お話をお聞きしようと思っています。

今年、私がこれから取り組むことは、あの“ひとつ”のみですから!

ーーそう、あの“ひとつ”ですね。そのお話をお聞きする前に、今年の最初に佐江ちゃんが“2017年に心がけたいこと”として書いてくれた、ある言葉がありましたよね。

筆ペンで書きましたよね。“自然体”って! (第14回)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー