ーーさあ、佐江ちゃん。今回もよろしくお願いします。

はい! よろしくお願いします!

ーー今日は、まるで真夏のような暑さでした。佐江ちゃん、撮影おつかれさまでした!

おつかれさまです。いやぁ、暑かったですね。

ーーいつも、最初に撮影をした後にお話を聞く、という取材スタイルなんですよね。ここのところ、グズつくことの多かったお天気も、今日は抜群に晴れました。さすが晴れ女、佐江ちゃん!(編集部註:取材日は6/25)

今日は、晴れすぎちゃいましたね(笑)

ーーいえいえ(笑)。さあ、いよいよ今回から、「ミラチャイ」連載6年間の軌跡として、2012年12月の取材スタートから現在まで続いた、すべての連載を振り返りながら、お話していきたいと思います。

はい!

ーー今回も旧連載(2013年3月〜2016年3月)、新連載(2016年7月〜現在)の写真付き一覧表と、その時々で印象的だった佐江ちゃんの言葉をリストアップしてきましたよ。

ありがとうございます。

ーー新・旧連載合わせると、さすがにボリュームがありますね。

本当に!

ーー「ミラチャイ」の旧連載は、2012年12月の取材からスタートしました。そして、いつも旧連載のトップを飾った「看板」は、年が変わって2013年2月に撮影したものでした。

 

あのときは、スタジオで撮影していただいたんでしたよね。

ーーそうでしたね。実は、その年の3月に連載を始めるにあたって、別の取材の機会に、連載の「看板」の撮影もお願いしました。

撮影していただいたときのこと、すごく覚えてますよ!

ーー「ミラチャイ」連載のはじまりは、AKB48のメンバーだった佐江ちゃんが、上海のSNH48へ移籍することがきっかけで始まった連載です。

うん、うん。

ーー連載始めの頃は、今の連載とは少し異なっていて、佐江ちゃんとともに「中国の文化や言葉を学ぶ」、というのがメインのスタイルだったんですよね。

そう! そうでした。

ーーなので、こちら側から佐江ちゃんに文化や言葉を「教える」ことが多かったから、おそらくこの頃は、佐江ちゃん自身が自分のことを「すごくしゃべった」という記憶はなかったと思うんです。

そうですね。確かに、ミラチャイスタッフさんの話を「聞いていた」っていう感じだったかな。

ーーそれが、あるときを境にして、佐江ちゃんがそのときどう感じていたのか、どう考えていたのか、「佐江ちゃん自身」について問うことが多くなっていったんです。

え!? いつからだろう??

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー