【牛丼】建物の壁と丼ぶりに隠されていた「すき家」発祥の真相

横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、大手牛丼チェーン店「すき家」が実は横浜発祥である、というウワサについて徹底調査してみました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!
今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
牛丼の「すき家」って、横浜発祥だと聞いたんですが本当ですか?(ゆきむらさんのキニナル)

 

このロゴを知らない人はいないだろう

大手牛丼チェーンと言えば、すき家の他に、吉野家、松屋、なか卯、神戸ランプ亭などが挙げられる。

中でもすき家は、2012(平成24)年3月現在、1,783店舗を展開しており牛丼チェーンで最も多くの店舗数を誇る有名店だ。

 

全国各地で見かける「すき家」。正直、どこにでもあるという印象だが、今回の投稿はそんな「すき家」が横浜発祥ではないかというもの。真相を探るべく、早速調査に乗り出すことにした。

横浜発祥の事実は本当なのだろうか。また、その名残はどこかに残っているのだろうか。「すき家」を運営する株式会社ゼンショーホールディングスに話を伺うことに。

 

すき家の始まりは?

話をするとすぐに取材を受けてくれた
創業時の株式会社ゼンショー
 

話を伺ったのは、広報室の廣谷さん。

話によれば、確かにすき家の発祥は横浜で間違いないとのこと。
1982(昭和57)年6月に母体となる株式会社ゼンショーを設立、その場所が横浜市鶴見区の生麦だったそうだ。工場が多く消費者が多い地域に狙いを定め、会社設立の翌月には生麦にランチボックスという弁当屋を開業している。それが、現在の「すき家」の前身である。

本社のあった場所はマンションに姿を変えていた

その後、ランチボックスの経営が上手くいかず、複数のおかずを調理する弁当屋から、牛丼を提供するというシンプルな経営に切り替えた。

また、社長である小川氏が吉野家出身であったことからその経験を活かし、1982(昭和57)年11月には「すき家」1号店が同じく生麦に誕生。なお、正確な場所は資料に残っていないとのことだ。

現在、本社は東京都港区に移転し、「すき家」の1号店とランチボックスはともに廃業している。

国道15号沿い、大黒町交差点に残るランチボックス

そのような形でスタートした「すき家」であったが、実は当時の面影が残っている場所がある。

それは、株式会社ゼンショーの出発点でもあるランチボックスの店舗。会社がスタートした場所ということで、初心の思いが込められ、廃業した今も建物はそのまま残っている。

ファミリーが牛丼を食べられるようにと、ロードサイドでの出店を中心に事業拡大してきた「すき家」。その始まりが生麦であったとは、知らない人も多いのではないだろうか。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント