職場で嫌なことがあったとき、プライベートがうまくいっていないとき……イライラした態度をとったり、不機嫌な態度を周りにまき散らしていませんか?

たとえば上司に「〇〇さん、これお願い」と仕事を頼まれたとき、「なんですか?今忙しいんですけど!」とぶっきらぼうに対応したり、後輩や同僚に話しかけられても目を合わせずトーンの低い声で一日中過ごしたり……。

感情のコントロールは、とても難しいもの。

しかし、怒りの感情に任せてイライラや不機嫌な態度をとっていると、人生を大損することになります。

怒りっぽい女性は、モテませんし、敬遠されます。

今日は、怒りっぽい女性がモテない理由と、感情のコントロール法についてお伝えします。

怒りっぽい女性がモテない理由

怒りっぽい女性がモテない理由は、以下の通りです。

1.「結婚したら苦労しそう」と思われる

恋愛対象の男性がいたら、つい「この人と付き合ったら、結婚したら、どんな感じだろう?」と想像することってありますよね。

これは、男性も同じです。男性も、恋愛対象の女性がいると、付き合ったときのことや結婚したときのことを想像します。

嫌なことがあったとき、イライラや不機嫌がすぐ態度に表れる女性は、「今でこんな状態だったら、もし付き合ったり結婚したら、八つ当たりがすごそうだな」「一言なにか言ったら100言ぐらい返ってきそうだな」と男性から思われることになります。

2.「満たされていないんだなあ」と思われる

人は、誰でも、不満だらけで不幸せそうな人より、満たされていて幸せそうな人と付き合いたいと思うもの。

怒りっぽい女性がモテない理由の2つめは、「幸せそうに見えない」ということです。

イライラしていたり不機嫌なときが多い女性が、満たされて幸せそうに見えるでしょうか?とても見えませんよね。

そういう女性は、常に不満だらけで、満たされていないように映り、敬遠されるというわけです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます