横浜の新たな名物候補!? 「家系しゃぶしゃぶ」のお店に行ってみた

横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が、「家系のしゃぶしゃぶ」があるというお店について徹底調査しました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
鶴屋町近くのビルの6階に「家系しゃぶしゃぶ」と書かれたのぼり? を出しているお店がありました。気になったので突撃してきて下さい!(みやっきさんのキニナル)

 

元祖・家系の吉村家
拡大画像表示
「家系(イエケイ)」と言えば横浜が誇るご当地ラーメンを示す単語(※「吉村家」を総本山とする、豚骨醤油ベース・太ストレート麺を特徴とするラーメンの総称)として広く知られている。

はまれぽでも、ユーザー投票による家系NO.1を決定する「IEK(イエケー)48総選挙」(記事『横浜の"家系"ナンバーワン店舗が決定! 「IEK(イエケー)48総選挙」』[ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16130 ] 参照)が反響をよんだが、「家系」の「しゃぶしゃぶ」があるというのはなんとも新鮮な響き。

はたして投稿にある「家系しゃぶしゃぶ」とはいかなるものなのだろうか。
投稿をたよりに、はまれぽ編集部期待のニューフェイス・長谷川とともに現地へ向かった。

現地へ行ってみる

横浜駅西口から首都高速をくぐり、鶴屋町方面へ徒歩3分。向かって左手の方向にそれらしきお店をすぐ発見できた。投稿にはのぼりとあったが、実際に見ると横断幕のようだ。
確かに「家系しゃぶしゃぶ」とある。

 

入り口はこんな感じ
拡大画像表示
 

キニナルお店が見つかったところで早速店内へ。

落ち着く暖色系の照明であり、気兼ねなく話ができる空間。女子会やデートによさそうだ。

取材の旨をお話すると、「ああ、全然いいですよ」と快くOKをいただくことができた。
店主の荒井さんにお話を伺うことに。

 

「家系しゃぶしゃぶ」とは?

店主の荒井さん
拡大画像表示

「家系しゃぶしゃぶ」を提供する「横浜鍋酒場 はち」がオープンしたのは2011(平成23)年4月。関内や馬車道のしゃぶしゃぶ店・鍋料理店で修行を重ねた荒井さんが、はちの目玉として開発したのが「家系しゃぶしゃぶ」だという。

―「家系しゃぶしゃぶ」とはどういったものなのでしょうか。

「豚骨ベースのスープにオリジナルの醤油を加えた、「豚骨醤油スープ」で味わうしゃぶしゃぶです。

なかなかイメージしづらいとは思うのですが…(苦笑)今のところ、この名前の鍋を出しているのはウチだけになります。」

―「家系しゃぶしゃぶ」を作ったきっかけを教えてください。

「もともと鍋料理が好きで、そういった店で働いていたこともあるのですが、僕は横浜生まれ横浜育ち。“家系”という名前がない頃から、地元の駅には美味しいラーメン屋さんがあって、ずっと家系ラーメンを食べて育ってきたんです。自分の好きな2つの料理を合わせることで、横浜の新たな名物を作ることが出来ればという思いから、ですね」

―なるほど……やはり家系ラーメンは相当お好きで?

「そうですね。味はもちろんですが、あの庶民的な入りやすい雰囲気も好きで。“家系”とともに育ってきた地元の人間として、家系への愛情だったらほかのお店には負けない気持ちでいます。今でも週3~4日ほど家系ラーメンは食べています」

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント