横浜中華街以外で、“安ウマ”本格中華を楽しめる「隠れた名店」を発見!

横浜中華街以外で「本格中華の味を楽しめる庶民的なお店(横浜)」はどこにあるのか? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
本格中華が食べたい! でも中華街は遠い! そこで中華街以外で中華の名店や美味しいと評判のお店を教えて。ただし高級店じゃなく庶民的なお店に限定でお願いします。(boris55jpさんのキニナル)

 

中華街以外で本格的中華。しかも庶民的にというキニナル。そぞろと調べさせていただいたキニナル該当の2軒、今回は東急東横線エリアで市内の有名中華料理店出身の店主の店をご紹介。

まずは綱島にあるメニューが多い本格中華店から。

綱島「萬福門」

良きコンセプトかつ激辛
拡大画像表示
 

「いーやー! 今日も天気いいですし最高ですねー!!」と大声で話す木下(はまれぽ編集部)を横に据え、東急東横線綱島駅から7、8分程歩いて「萬福門」に到着。

ラー油と八角の香りがほわっと漂う店内。少々テンションがあがる。

明るくて元気な女性店員の高小青(コウショウセイ)さんにまずはお話を聞いてみることに。と思ったら「お話は料理長ね! まずはウチのメニュー召しあがってください!」とのこと。

「まずは麻婆豆腐と、辛い麺どれか選んでください!」と言われたのでちょっと珍しそうな辛い麺を注文。到着を待つ。
 

麻辣猪肝麺
拡大画像表示
いただく
拡大画像表示
 

まずは珍しそうな辛い麺、豚レバーの入った麻辣猪肝麺(マーラーチューガンメン/800円)から運ばれてきた。

具は、豚レバー・しめじ・青とうがらし。高さん曰く「ウチの料理の辛さを5段階にすれば、4ですね!」とのこと。

ほのかに甘い、そして辛い! 辛い! そして美味い。辛さはいつまでもビリビリする種ではなく程よくきれる。またいきたくなる。中細の麺にコクと甘みと辛さのスープがうまくまとまる。炒めたレバーのコクがスープと相性良し。汗は流れるが舌には美味い。

麻婆豆腐
拡大画像表示

続いて麻婆豆腐(1050円)。

この激辛麻婆豆腐は宴会メニューのひとつでもあり、単品でも注文可。日本人の口にあわせた甘辛い麻婆豆腐もあるとのこと。

以前中華街の景徳鎮で麻婆豆腐を食べた時は1800円だったが、その時よりもボリュームが多いにもかかわらずここは1050円。

辛さ5段階の5だと説明を受け実食。味噌のコクが強く苦みも無い、想像よりは食べやすい印象。それからビリビリビリビリくる。じわーっと、ビリビリビリビリくる。山椒の野郎のたまらない刺激がビリビリビリビリくる。美味い。かなり、美味い。ごはん、欲しくなる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング