JR大船駅から顔だけ見える観音様「大船観音」の内部がすごすぎた件

全国でも珍しい、半身像の観音様「大船観音」について、横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が徹底取材しました!

ユーザーから投稿された「キニナル」情報を検証すべくはまれぽが体を張って調査!

今回のテーマは…

<横浜のココがキニナル!>
大船駅から顔だけ見える大船観音、少し不気味な感じがします。実際どんな感じ?か気になります。(マンジンさんのキニナル)

 

全国でも珍しい、半身像の観音様

ある意味で目を引く、独特の存在感

今回の投稿を受け、大船観音寺に問い合わせたところ、「もうすぐ節分会(せつぶんえ)が行われますので、あわせて取材されてみては」
とのありがたい回答。

そこで今回は、イベントレポにはじまり、観音像の内部から関連グッズまで、「大船観音の総特集」を行おうと思う。

まずは、2月1日(土)に行われた、「節分会」の様子から追ってみよう。

 

3時間前から行列ができるほどの大盛況

大船駅の西口にある「大船観音入口」付近の様子

青い空をバックに、キリリと引き立つ観音様。当日の午後2時からスタートする「節分会」には、芸能人も登場し、一般参加者は境内を埋め尽くすという。

そこで早めの午前11時ごろ、現地へ向かってみた。

 
境内へ続く入口も、いったんクローズ

警備員の方によれば、安全のため入場制限を設けていて、800人前後のきりのいいところで打ち切りになるそうだ。

昼過ぎに入場開始となるのだが、この時点ですでに20人ほどの列ができていた。

 
粗品は日用品や台所用品など、開けてのお楽しみ
 

一方、大船観音寺では、本番を控えた準備が慌ただしく行われていた。

参加者は当日、参拝料の300円と引き替えに、粗品と豆一袋を渡される。豆が入っている袋には数字が書かれていて、イベント中に行われる抽選会の番号になっている。
抽選会では、「油なしフライヤー」など豪華賞品11点が当たる。

「節分会」では、これとは別に、約1万2000袋の豆がまかれる。ゲストは、女子プロレスラーのジャガー横田さんや、女優の伊東かずえさん、元バレーボール選手の三屋裕子さんなど総勢11人が参加予定。

さて、いよいよ時間も迫ってきたようだ。
午後1時に始まった法要を終えると、境内に設けられた特設ステージから、一斉に豆まきが行われた。

観音様を背後に、空を舞う白い袋
続けて行われた、抽選会の様子
 

この日訪れた参拝客は、同寺発表で820人。大学生のグループなど若い人も多く、地域にとっては毎年恒例の行事となっているようだ。

さて、イベントが落ち着いたころを見計らって、観音様の歴史や境内の見どころなどを案内してもらうことにしよう。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング