【FTISLAND】情熱のステージでファン魅了! 「夢や目標は変わってない。5人で一緒に」

ロックバンド、FTISLAND(エフティーアイランド)が6月22日、名古屋の日本ガイシホールで新アルバム『NEW PAGE』を引っさげたアリーナツアーのファイナルを迎えた。「韓流ぴあ」では、熱狂に沸いた6月4日のさいたまスーパーアリーナ公演の模様をレポートでお届け!

韓国出身の5人組ロックバンド、FTISLAND(エフティーアイランド)が6月4日、さいたまスーパーアリーナにてアリーナツアー「FTISLAND ARENA TOUR 2014-The Passion-」(2か所4公演)の埼玉公演を開催、約1万2000人を熱狂させた。

FTISLAND史上初のセンターステージ。心臓の鼓動の音が会場に流れるとそれに呼応するようにファンのテンションも高まり、スピード感あふれる『BE FREE』のイントロでホンギが雄叫びをあげると、スタートからスタンド席が揺れるほどスパーク。

「今回のツアータイトルはPassion。情熱って意味。緊張感を出すために、センターステージの真ん中を心臓にしてオープニングを演出しました。情熱は一生懸命ってことだから、そのイメージで頭から走りました」とホンギが言う通り、前半の7曲まではイッキに走り抜けた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント