『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ©Marvel Studios 2018

衝撃過ぎるまさかの結末に、エンドロール後立ち上がれなくなる人が続出している『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。(2018年4月27日より全国公開中)

待ちきれない続編『アベンジャーズ4』(正式タイトル未定)の公開は、1年後。

今回は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の個人的考察と、現時点でわかっている『アベンジャーズ4』の情報を元に、続編がどうなるのかを、4つのポイントから予想し、紐解いていきます。

きっと1年後の公開が待ちきれなくなるはず!

※本記事は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレを多く含みます。未見の方はご注意下さい。

 

1. サノスに消された半分の人々の所在は…?

衝撃の指パッチン

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 ©Marvel Studios 2018

アベンジャーズメンバーの奮闘むなしく、インフィニティ・ストーンをついに6つ揃えてしまったサノス。

ソーの攻撃をかわし、ガントレットの指を鳴らして、全宇宙の生命体の半分を消し去りました。

ソウル・ワールドの存在

6つのインフィニティ・ストーンの中で、唯一今まで登場しておらず、謎に包まれていたソウル・ストーン。

作品内でも、他のストーンとは一線を画す存在であることが示唆されていました。

実はソウル・ストーン内には、「ソウル・ワールド」と呼ばれる、外界とは別の次元の世界が広がっています。

消されてしまった半分の人々、そしてソウル・ストーン入手の犠牲となったガモーラも、まだストーンの中に存在していると考えるのが妥当でしょう。

サノス自身も“消された”可能性

指を鳴らした後、幼少期のガモーラと会話をしていたサノス。

オレンジがかった不思議な空間でしたが、実はこの場所こそソウル・ワールドではないかと言われています。

思えば、消されてしまったアベンジャーズメンバーは、スパイダーマン、スカーレット・ウィッチ、ファルコン等々、比較的新しいメンバーながら、頼りになるメンツばかり。

もし『アベンジャーズ4』にて、ソウル・ワールド内でサノスとの戦いがあるとすれば、アベンジャーズ オリジナルメンバー不在の状態での、最初の試練となり、活躍の場となるでしょう。

半分の生命は「死亡」ではなく、「消滅」と表現されているからこそ、まだまだ希望は残されている、と言う事に他なりません!

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます