韓国テレビ番組ガイド&情報 ドラマ&K-POP、バラエティ

【パク・ユチョン】主演ドラマ『3days(原題)』日本初放送直前! 直撃インタビュー【ネタバレあり】

2014.7.29 16:5

パク・ユチョン主演最新ドラマ『3days(原題)』の日本初放送スタート(KNTVにて8月9日より毎週土曜午後10時~)に先駆け、パク・ユチョンに直撃! ドラマについて話を聞きました。

パク・ユチョン
©KIM SANGDUK / KNTV
拡大画像表示

パク・ユチョン主演最新ドラマ『3days(原題)』が、8月9日(土)よりKNTV(毎週土曜午後10時~)にて日本初放送スタートする。同作は、周囲の裏切りが次々に明らかになる中、大統領を暗殺から守るエリート警護官の姿を描いたサスペンスだ。パク・ユチョンは、大統領を暗殺者から守り、父の死の真相を暴く、若き大統領警護官ハン・テギョンを演じた。放送にあたり、パク・ユチョンに直撃! ドラマについて話を聞いた。

――ハン・テギョンはどんな役ですか?
パク・ユチョン「大統領をすぐそばで守る警護官で、いつも誰かを守らなければならない、自分よりも相手を優先する人物です。その中で、いろいろな葛藤や問題が起こり、自分の中でも混乱していきます。そんな葛藤を乗り越えていく過程を描いた物語とも言えますね」

――シナリオを読んですぐに出演を決めた程、このドラマに対する関心が高かったそうですが、どんな点に惹かれたのですか?
パク・ユチョン「シナリオが面白く、ハン・テギョンというキャラクターもすごく魅力的でした。警護官というのは、世界中で皆によく知られた職業ですが、実は深く知られてはいないと思うので、実際の警護官の生活や姿をお見せしたいという気持ちもありました。堅くて実直な人だけど、やわらかい感情を持っているというのも、すごく魅力的でした」

――大統領役のソン・ヒョンジュさんや警護室長役のチャン・ヒョンソンさん、ユン・ジェムンさんなど、年が離れた先輩も多く、大変なこともあったかと思いますが、一緒に仕事をしてみていかがでしたか。
パク・ユチョン「やはり大先輩なので、すごく緊張しました。でも、チャン・ヒョンソン先輩は、『スーパーマンが帰ってきた』というバラエティ番組でよく観ていたので、むしろリラックスすることができました。会話もリードしてくれたし、楽しく撮影できましたね。

ソン・ヒョンジュ先輩はオーラがある方なのですが、撮影現場ではいつもスタッフや俳優など周りを気遣っていて、上手にリードする能力が際立っている方だと思いました。義務感ではなく身についているんでしょう。初めての台本読み合わせを終えて飲み会に出かけたとき、普通の俳優だったら『俳優たちが同じ車に乗って行こう』というのですが、先輩は、『スタッフは皆俺の車に乗ってくれ』って。最初の頃から、そのように気遣う姿を見て、他の人とは違うと思いました。

不思議だったのは、演技をしている時の眼差しには、『こんなことを表現している』とはっきり表れるものと、そうでないものがあるのですが、ソン・ヒョンジュ先輩の場合は、そのふたつだけではないんです。先輩と目を合わせて演技をすると、『こんなことを演技している』と目で表すのではなく、いつのまにかその眼差しに引き込まれていくような感覚になりました。撮影しながらドキドキしました。言葉で表現できない感覚ですね。目でそこまで表現できるというのは、演技に真心が込められているからだと思います。僕もいつか先輩のような眼差しを持つことができればいいな」

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント