ふわふわとやわらかく、ボリュームのあるバスト。憧れる女性は少なくないのではないでしょうか。

でも、大人になった今、バストが変わることはない?

「バストは形、やわらかさ、ハリ、大きさなど、自由自在に変えられます」と話すのは、『1日2分でマシュマロ美乳!』の著者で、バストアップ研究家の田家 麻生さん。

田家さん自身、バストにコンプレックスを持っていた頃、女性らしい大きさの、やわらかくて美しい形のバストになりたいと思っていたといいます。

筋肉をゆるめて、バストと心をやわらかくする

あらゆる美容法を試しても、焦ったり、イライラしたりして、望んだ成果が出ない……。思い悩むうちに実感したのは、心と体はつながっているという事実でした。

田家さん「美しい体になるには、体のケアはもちろんですが、心のケアも欠かせません。体の状態をわかりやすく表すのがバストです。硬くなった筋肉をゆるめることは、バストをやわらかくすると同時に、心の圧迫もゆるみます」

本書では、1週間に1メニューを12週続けることで、ふわふわで上向きのバストを手に入れる、田家さんの「マシュマロ美乳ストレッチ」が収録されています。そこから今日からでもできる一部のストレッチを教えていただきました。

マシュマロ美バストのベースを作るストレッチ

1st week用のストレッチは美乳へのベース作りとなる重要なメニュー。

田家さん「本来バストにあるはずのお肉が、ワキや腕に“家出”していることがあります。バストに移動させるために、このストレッチを通じて土台を作ります」

1、ワキをグーッと伸ばす
ヒジの内側(小指側)を壁に引っかけて、手と同じ側の脚を前に出す

2、ワキ肉をしっかりキャッチし、バストのほうへグッと引っ張る
指先が肩甲骨に触れるようにし、「はー」とため息をつくように吐きながら、ゆっくり伸ばしていく。このとき、前方へ向かって足を踏み込む感覚

3、筋が伸びている感覚を確認し、1分間静止する

*逆も同じように行う

1週間続けることで、バストの外側にやわらかいお肉が生まれます。

おわん型バストのベースを作るストレッチ

2nd week用のストレッチは丸みのある、立体的なバストの土台作りとなるメニュー。

1、腕を肩より少し斜め上の位置にセットする
腕の内側を壁に当てる

2、ワキ肉をしっかりキャッチし、バストのほうへグッと引っ張る
指先が肩甲骨に触れるようにし、「はー」とため息をつくように吐きながら、ゆっくり伸ばしていく。このとき、前方へ向かって足を踏み込む感覚

3、筋が伸びている感覚を確認し、1分間静止する

*逆も同じように行う

1週間続けることで、バストの外側が少し丸みを帯びるようになります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます