『ニンジャバットマン』Batman and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © Warner Bros. Japan LLC

全米でも高い支持率を獲得した『ニンジャバットマン』

アメキャラ系ライターの肩書で、アメコミ映画やジャンル映画(ホラーやSF、アクション映画など固定ファンのいる映画)の紹介をしている杉山すぴ豊です。

今回は先日(6月15日)公開となった映画『ニンジャバットマン』についてレビューします。

全米、アナハイムで開催されたワンダーコン(サンディエゴ・コミコンと並んで最近注目)
でもプレミア上映され、大絶賛でした。


特にDC映画になぜか厳しい(笑)、ロッテントマト(映画評論家による映画レビューを一か所にまとめたウェブサイト)でも高い支持率を獲得しました。

本作は日本のクリエーターが作った、極めてユニークなオリジナル・バットマン・アニメ映画です。

バットマンたちが、日本の戦国時代に来る、という驚愕の展開

僕は当初『ニンジャバットマン』のことを知ったとき、いわゆるパラレル・ワールドもので、日本の戦国時代にもバットマンがいた的なお話になるのかと思っていました。

しかしバットマンたちそのものが、日本の戦国時代に来る、という驚愕の流れ。

日本の名作SF「戦国自衛隊」を思わせますが、僕は中島かずきさん(本作の脚本家)の書かれた『髑髏城の七人』『真田十勇士』等の戦国ものの楽しさを感じました。

『ニンジャバットマン』Batman and all related characters and elements are trademarks of and © DC Comics. © Warner Bros. Japan LLC

徹底的にアクション活劇として描いた

本作の一番の特長はバットマンで、徹底的にアクション活劇として描くということではないでしょうか?

クリストファー・ノーランの「ダークナイト三部作」は、正義とは悪とは?という重いテーマのドラマ(そこがまた見応えあるんですけど)だったし、ティム・バートン版は、毒と華のある世界観が魅力的でしたが、アーティスティックな分、アクションにそんなに重きをおかれていない。

シュマッカー版はポップなんですが(結構このバージョン好きです)、ちょっと軽すぎるかな。
 

『ジャスティス・リーグ』等でベン・アフレック演じるバットマンはそういう意味で、久しぶりにヒーローっぽいバットマンなんですが、他のヒーローに気を使いすぎて、主役になってない(笑)。

そういう意味で、バットマンをヒーロー物として思う存分活躍させるエンタテインメントに仕上がっていました。

また映画ではなぜか出てこない、バットマンの相棒ロビンが、4代そろって登場。(ロビンの名は襲名されるので複数いる)ロビン好きにもたまりません。

それにしてもバットマンと忍者って(本作の音響監督岩浪美和さんは”あの恰好は忍者じゃなく
て侍じゃねえか”とつっこんでましたが<笑>)、とんでもない組み合わせかもと思われるかもしれませんが、ティム・バートンの『バットマン』や『ジャスティス・リーグ』ではバットマンことブルース・ウェインの部屋に、日本の鎧・兜が飾ってあって、ブルースがバット・スーツの参考にしていたともとれるシーンがあるし、『バットマン・ビギンズ』でブルースが修行していた、あの暗殺集団は明らかに”忍者”でしたよね。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます