ハン・ヒョジュ、嵐・相葉を「尊敬しています」…『MIRACLE』初日舞台挨拶

2014.11.26 18:30

嵐・相葉雅紀の初単独主演映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(犬童一心監督)の初日舞台挨拶にハン・ヒョジュが登場!

ハン・ヒョジュ 撮影:星野洋介
拡大画像表示

韓国の人気女優ハン・ヒョジュが11月22日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた出演映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の初日舞台挨拶に登場。主演の嵐・相葉雅紀、榮倉奈々、生田斗真、劇団ひとり、塚地武雄(ドランクドラゴン)らと同作をアピールした。

山下達郎の名曲『クリスマス・イブ』をモチーフにした中村航の小説を映画化。相葉と榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真が演じる男女4人の片思いと、聖夜に起こる奇跡を描いたラブストーリー。

テーマ曲『クリスマス・イブ』が流れる中、先頭を切って相葉雅紀がステージに登場すると、会場のファンからは悲鳴にも似た黄色い歓声が上がり、その声に登壇者たちも少し驚いた様子。「短いですが、楽しい時間にしたいと思います」と相葉が挨拶すると、榮倉が「相葉さん、おめでとうございます。会場に入った瞬間、相葉さんってスゴイんだなって。改めて尊敬しています」と話し、ハン・ヒョジュも「私も尊敬しています」と笑顔でコメントした。生田斗真も「相葉くんの初めての単独主演映画に関わることができてうれしいです」と、次々に映画初主演を飾った相葉に祝福の言葉を伝えた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

スペシャル動画

ソーシャルアカウント