「進撃の巨人・ザ・リアル」実写版リヴァイまさかの登場⁉︎ 人類再生技術で生み出された“クロノイド”とは【USJ】

1月23日(金)より期間限定で開催される、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新イベント『ユニバー サル・クールジャパン』。そこで初公開される人型「クロノイド」とは ?

 1月23日(金)より期間限定で開催される、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新イベント『ユニバーサル・クールジャパン』。

「エヴァンゲリオン」、「進撃の巨人」、「バイオハザード」、「モンスタハンター」という4大ブランドが一同に会するということだけでも驚きだが、これらが圧倒的なスケールの世界初の“アトラクション”としてお目見えするという。

なかでも注目したいのが、ユニバーサル・スタジオの技術を駆使して生み出し、今回初お披露目となるという「クロノイド」。

「進撃の巨人・ザ・リアル」に登場する、リヴァイのクロノイド。もはやホンモノ。
© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

フィギュアを超え、人間そのものかのように見える「クロノイド」とは 「クローン」と「アンドロイド」の造語。ユニバーサル・スタジオの“人類再生技術”によって生み出した人型の総称だという。

「アニメに忠実であればあるほど、非人間的になるというジレンマが発生するのです。 そのため、今回のキャラクター達のクロノイド化は、肌や瞳など部分部分の再生技術そのものも高度ですが、むしろそれ以上に、2次元をリアルな3次元に再現するにあたっての変換技術が、なによりも高度であると考えています。」(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン アート・ディレクター 佐々木由希子さん)

イベントに登場するクロノイドは、「進撃の巨人・ザ・リアル」アトラクションの、リヴァイ、ミカサ、アルミン3体。

キャラクターごとの体型や髪質はもちろん、細かな部分では瞳の虹彩や眼球の毛細血管、眼球と目頭の隙間に微妙に浮いた涙、微細な皮膚の毛穴や血管、更には体毛に至るまで「人間そのもの」に表現したという。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント