東京ディズニーランド/シーがパスポート値上げ発表! でも、東京が断トツで世界一安いって本当なの!?

2015.1.30 10:50

2015年1月29日、東京ディズニーリゾートを運営する株式会社オリエンタルランドは、東京ディズニーランド/シーのパークチケット値上げを発表。4月1日より「1デーパスポート」大人6,900円となります。が実は、世界ではまだまだ最安。チケット値上げの理由も含め、解説します。

2015年1月29日、東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは、東京ディズニーランド(TDL)・東京ディズニーシー(TDS)のパークチケット値上げを発表しました。

1日アトラクション乗り放題のチケット「1デーパスポート」の場合、大人一人500円値上げで、6,900円となります。 この値上げは今年4月1日から実施される予定です。

7,000円近くまで値上げされることになった、東京ディズニーリゾート。

かなり高くなった印象がありますが、実はこれでも、海外にあるほかのディズニーパークと比べると、東京ディズニーリゾートが世界一安いのです。

 

1デーパスポート:その差は歴然。マジック・キングダムは東京の2倍近い!!

表は、東京ディズニーリゾートの1デーパスポートの2015年4月1日からの新料金(大人)と、ほかのディズニーパークのチケット料金(大人)を比べたものです。

 

これを見ると、東京ディズニーリゾートが世界一安いのが、すぐに分かると思います。

最近の円相場が円安になっている影響もありますが、それでもウォルト・ディズニー・ワールドのマジックキングダムが、大人一人12,000円以上しているのと比べると、かなり安くなっています。

 

ファンタジーランドの再開発でオープンした「ビー・アワ・ゲスト・レストラン」映画『美女と野獣』がテーマになっている ©Disney

マジックキングダムの場合は、ファンタジーランドの再開発が終わったばかりですので、ほかのテーマパークと値段に違いをつけていると思われます。

パリの場合は、チケットの制度がちょっと複雑になっています。

今回は、年間を通じて使える「Billet SUPER MAGIC」の価格を使いましたが、通常チケットにはもう2つ、使えない日があるチケット「Billet MINI」「Billet MAGIC」があります。

Billet MINIは45ユーロ、Billet MAGICは55ユーロになっています。最近は円安・ユーロ高なので、パリのほうがちょっと割高ですが、東京とだいぶ近いですね。

 

マルチデーパスポート:香港を除けば、東京が最安

「1デーパスポートが安いのは分かったけど、複数日有効のマルチデーパスポートは、東京のほうが割高じゃないの?」

と感じている方もいるかもしれません。それでは、マルチデーパスポートの値段を比べてみましょう。

表を見ると、香港ディズニーランドの2デーパスポートは、東京ディズニーリゾートと比べると安いのが分かります。それ以外は、東京ディズニーリゾートのほうが安くなっているのです。

ちなみに、表中にある「パークホッパー」とは、この追加料金を払うと同じ日にパークを行き来することができる、というオプションのことです。

東京ディズニーリゾートの場合は、1日券・2日券で2つのパーク(東京ディズニーランド・東京ディズニーシー)を行き来することはできません。

3日間以上有効なチケットの場合でも、1日目・2日目は事前にパークを指定する必要があります(ディズニーホテル宿泊者向けの「マルチデーパスポート・スペシャル」は除く)。

しかし、海外のパークの場合、1パークしかない香港以外では、この「パークホッパー」をオプションとしてつけると、1日目からパークを行き来することができるのです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント