(C)2019「君は月夜に光り輝く」製作委員会

感涙のラブストーリー『君は月夜に光り輝く』(著・佐野徹夜)が、永野芽郁(ながの めい)と北村匠海(きたむら たくみ)のW主演により、2019年3月15日(金)公開で映画化が決定しました。

なげやりに生きている高校生×余命わずかのクラスメイトとの交流を描く

小説『君は月夜に光り輝く』は、大切な人の死から、少しだけなげやりに生きている高校生・岡田卓哉(おかだ たくや)と、月の光を浴びると体が淡く光る不治の病「発光病」にかかった余命わずかのクラスメイト・渡良瀬まみず(わたらせ まみず)との交流を描いたラブストーリーです。

著者・佐野徹夜のデビュー作である本作は、日本最大級の小説公募新人賞「第23回電撃小説大賞」で審査員から高い評価を受け、《大賞》を受賞。

審査員ほか多くの作家から絶賛され、2017年2月の発売以来“圧倒的な感動作”として、幅広い世代に読まれているベストセラーです。

2018年9月現在、『君は月夜に光り輝く』は累計発行部数30万部を突破しています。

「半分、青い」永野芽郁と『君の膵臓をたべたい』北村匠海のW主演

映画『君は月夜に光り輝く』で、難病のヒロイン・渡良瀬まみずを演じるのは、NHK連続テレビ小説「半分、青い」(2018年度前期)でその演技力が高く評価され一躍全国区となった女優・永野芽郁。

同級生の岡田卓也を演じるのは、『君の膵臓をたべたい』でアカデミー賞新人俳優賞を受賞し、ダンスロックバンド・DISH//のメンバーとしても活躍する北村匠海。

若手俳優陣の中でも抜群の演技力を持つ2人が、確実に迫りくる死に向き合いながらも「人生の質」を求めることを選択し、強く美しく生きる高校生を瑞々しく演じます。

そのほかに、甲斐翔真、松本穂香、今田美桜、優香、生田智子、長谷川京子、及川光博と、フレッシュなキャストから実力派まで多彩なメンバーが集結。

監督・脚本は、第41回日本アカデミー賞優秀作品賞、話題作品賞を受賞した映画『君の膵臓をたべたい』を手がけ、人間描写に定評のある月川翔が務めます。