あんさんぶるスターズ! DREAM LIVE

大好きな作品の自分の推しキャラに会えたら……誰もがそんな夢を抱いているはず。

自分の大好きな彼が私達の現実世界に現れて目の前でパフォーマンスをしてくれたり、自分の好きなグループのメンバーが交流している姿を見たい!

その願望を叶える、3Dモデリングを使用したCG LIVEやヴァーチャルLIVE(VR LIVE)が近頃多数開催されています。

CG LIVEって?とイメージが沸かない人は、CG LIVEの先駆者・初音ミクさんのLIVEを想像してもらうとわかりやすいです。VRのヘッドマウントディスプレイなどは着けず、そのまま肉眼で目の前のステージに投影される立体的なホログラフィックのパフォーマンスを、まさに普通のアーティストLIVE感覚で会場に集まった観客と一緒に盛り上がります。

CG LIVEのチケット代は、1公演につき平均7,000円前後から、グッズ付や特典付きだと10,000円前後と、少々お高め……。そのハードルの高さに、行くのをためらっている人もいるでしょう。

しかし、自分の推しだけでなくそのコンテンツ自体が好きならば、絶対に行くべき!!!!!と断言します。「本当に目の前にいる!」を体感できるのだから!

大好きな彼らが、目の前で実際にあの声で歌い、踊り、パフォーマンスをする。それだけで感動ものですが、何より、「あ、MCでこんなこと言うんだ」「こんな反応するんだ」とか、細かなダンスのクセがわかるなど、意外な一面を発見できるかもしれないんです! 実際に私は、「え、すごいイケメンな仕草してくる!リアルのあの子、めちゃくちゃイケメンなんだけど……!!!」と衝撃を受けたことも。

さらに、好きなアイドルでも、今日の髪型はあまり好みじゃないな、とか、少し顔がむくんでいるな、など、人間は毎日同じコンディションではないのは当たり前。CG LIVEでは、ビジュアルがいつでも安定しているところも個人的に大きな魅力だと思います。

今回は、これまでCG LIVEを開催してきたイケメンコンテンツから、『ときめきレストラン☆☆☆』、『ドリフェス!R』『美男高校地球防衛部LOVE!』、『アイドリッシュセブン』、『あんさんぶるスターズ!』、『ARP』をピックアップ。それぞれのLIVEの違いや、各コンテンツならではの魅力を紹介します。

※本文中に登場する“DMM VR THEATER”は、2015年に横浜にオープンした世界初3DCGホログラフィック常設劇場。座席には段差があってとても見やすく、グラフィックのみならず音響演出にまで立体感を出すなど、空間演出にもこだわりが詰まっているので大好きな劇場です。

ときめきレストラン☆☆☆(3 Majesty×X.I.P. LIVE

登場アイドルの楽曲PVなどはありましたが、原作はイケメンアイドルが訪れるレストラン×恋愛アプリゲームなので、ゲーム内では歌って踊る姿は見ることができませんでした。そのため、ファンにはたまらないVR LIVE

2016年の横浜関内ホール公演を皮切りに、今ではホームとも言えるDMM VR THEATER(横浜)で毎年公演を行っています。

彼らの魅力は、実際に存在しているリアル感を追求していること。DMM VR THEATERの技術のすごさも相まって、モデリングの良さはもちろん、影まであるのが良い! 影がその存在感のリアルさを増し、演出にもとてもカッコよく映えるんです。

また、3 Majestyは王子様グループ、X.I.P.はワイルド&セクシーなグループというカラーの異なる2組のため、ダンスの違いも見ていて面白い。グループによってこんなにも身体の動かし方やダンスの印象が違うんだなと、改めて気付かされます。

今では、ソロ曲やグループの枠を越えてユニットを組むコラボユニットでパフォーマンスを繰り広げたり、両グループのメンバー全員で歌う楽曲も! 2組が交わってパフォーマンスをすることで、よりそれぞれのカラーがわかり、いつものグループだと踊らないようなダンスやパフォーマンスを見ることができるところが最高。

X.I.P.メンバーが可愛い楽曲を歌ったり、3 Majestyメンバーがワイルド&セクシーな楽曲を歌ったり……。また、コラボユニットならではのMCでは、いつものグループとは違った一面が見られるのも魅力。

残念ながらアプリの配信は8月末をもって終了してしまいましたが、プロジェクトは5周年を迎え、今後も展開予定! すでに来年20191月にサンリオピューロランドでのLIVEが決まっています。

昨年11月に初めて開催されたピューロ公演は、ハローキティやポムポムプリンなどサンリオキャラも参加してくれたり、ピューロランドのパレード曲を盛り込んだ楽曲が披露されたのも素敵でした!

今年の夏の公演では、メンバーが「これからもよろしく」とDMM VR THEATERのスタッフさんに感謝を伝える場面もあったので、きっとまたそちらの公演もあるはず……!