【松岡修造】最先端のリーダー像!? 彼の“熱さ”が若者に支持される理由

2015.4.6 18:00

「理想の上司」ランキングで、今年大きく躍進したのが、若者を中心に人気を集める「松岡修造」氏。“熱い男”として知られる彼はなぜ、これほどまでに若者から好かれるのか? 話題の書籍『つくし世代』の分析から読み解きます。

あなたが「理想とする上司」は誰ですか?

毎年恒例となりつつある、明治安田生命による「理想とする上司」についての調査。今年も、新社会人を対象に調査が実施され、その結果が発表されました。男性上司編では、ジャーナリスト・池上彰氏が、また、女性上司編では天海祐希が首位に。池上氏は2年ぶりの首位で、天海祐希が6年連続での首位となりました。

しかし、このふたりよりも、今回の調査で注目されたのは、男性上司編の2位に急上昇した元プロテニスプレイヤーでタレントの松岡修造さんです。愛弟子でもある錦織選手が大躍進したこともありますが、熱血漢で優しい人柄が人気となり、今回上位にランクイン。昨年は10位でしたので、この1年で大きく支持を得たことになります。

確かに昨年、松岡さんは多くのニュースに登場しました。昨年9月に発売の日めくりカレンダー『まいにち、修造! 心を元気にする本気の応援メッセージ』は、累計売上20万部超えの大ヒット。また、取材などで日本を離れた際に国内の気温が下がり、逆に帰国すれば気温が上がるというネタは、もはや定番となりつつあります。松岡さんは、どこまでも熱い男なのです。
 

松岡修造は「ボス」ではなく「リーダー」

「若者たちはなぜ松岡修造が好きなのか」

この疑問について分析しているのが、書籍『つくし世代 「新しい若者」の価値観を読む』の著者・藤本耕平さんです。

 

松岡さんの魅力を説明するにあたって、藤本さんは、イギリスの高級百貨店チェーンの創業者・ハリー・ゴードン・セルフリッッジさんの「ボスとリーダー論」を引用。その一部を抜粋してみました。

「・ボスは部下を追い立てる。リーダーは人を導く。・ボスは権威に頼る。リーダーは志と善意に頼る。・ボスは恐怖を吹き込む。リーダーは熱意を吹き込む。ボスは失敗の責任を負わせる。リーダーは黙って失敗を処理する……」

ボスとリーダーでは、明らかな違いがありますよね。どちらかと言うと、今の若者はボスよりもリーダーを好みそうですし、このリーダー像に近いのが今の松岡さんなのではないでしょうか。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング