V6井ノ原快彦の「奥深さ」に有働由美子が感激!? 『あさイチ』現場での“ちょっとした事件”

2015.2.17 8:00

NHK朝の人気番組『あさイチ』。司会の有働由美子さん&井ノ原快彦さん(V6)は名コンビとして知られています。そんな有働さんの著書『ウドウロク』で紹介されていた、井ノ原さんの知られざる「奥深さ」とは?

俳優・玉山鉄二さんと米女優・シャーロット・ケイト・フォックスさんが登場するNHK連続テレビ小説『マッサン』が面白い。2月10日の放送は、平均視聴率が24.6%(関東地区、ビデオリサーチ)を記録し、自己最高を記録。歴代の連続テレビ小説のなかでも、人気の高い作品として、今もなお絶賛放送中です。

そんな話題の『マッサン』を観ていると、ついついそのまま視聴してしまうのが、次の番組、『あさイチ』です。

『あさイチ』は、V6の井ノ原快彦さんとアナウンサーの有働由美子さんがキャスターを務める朝の情報番組。2人も『マッサン』を観ながら放送の準備をしているようで、『マッサン』明けで有働アナが号泣なんかしていると、「その気持ち、わかる!!」とつい共感してしまうのです。

他番組での号泣が許されるなんて、なかなか緩い番組だなと思うのですが、有働アナはそれこそ、タレントのイモトの眉毛メイクに挑戦したり、仮面を被ってみたりと、同番組で自由に動き回ります。以前は「わき汗騒動」というのもありました。大変ユニークな方です。
 

<有働×井ノ原コンビ>誕生時のエピソード

そんな有働アナの傍らで楽しそうにしているのが、パートナーを組む井ノ原さん。今ではSMAPの中居さんや嵐の櫻井さんなど、ジャニーズの司会は多数見られるようになりました。しかし、筆者は、同番組スタート時の2010年に司会の発表を聞いた時、それは単純に落ち着いたアナウンサーに人気のあるタレントを組み合わせて、「安易に人気を集めようとしているのでは」と勘ぐったものです。

それはどうやら、有働アナも同様のことを感じていたようで、当初の井ノ原さんのイメージは今と違ったと、自著『ウドウロク』の中で振り返っています。

 

番組スタートを聞いた有働アナは、アイドルと一緒に司会をすることに「こりゃえらいことになったわ」と思ったそう。相手がアイドルだから、段取りやコメントなど全て自分で用意してあげ、また、「すごいですね~」なんて言って持ち上げる必要があるのでは、と勝手な思い込みをしていたのです。

しかし、実際は逆だったとのこと。

「真逆だった。今や、私の方が失言する。私の方が機嫌を取ってもらっている。私の言葉足らずを、いのっちがフォローしてくれる。それに慣れてしまったばかりに、たまに別の番組で他の方と組むと、半人前のコメントしか出来なくなっている自分に気が付く」(同書より)。

もはや、井ノ原さんは、「この男、実に奥深く、出来たお方だ」と同書で評する程に、印象はガラリと変わったのです。

そんな井ノ原さんの「奥深さ」がわかるエピソードを同書から紹介しましょう。ある日の放送で起こったちょっとした事件のことです……。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング