東方神起

韓国の大手芸能事務所・SMエンタテインメントに所属するアーティストが一同に会するSMTOWN LIVE。

毎年恒例となったこのイベントが、今年は7月28日、29日、30日の3日間、京セラドーム大阪で行われた。

3日間で計12万人を動員したライブのオープニングを飾ったのは、NCT DREAMの『GO』。客席からは「GO! GO!」という歌声も沸き上がり、開演早々、京セラドームは熱気に包まれたのだ。

少女時代_HYOYEON

SMTOWN LIVEでは、普段は見られないアーティスト同士のコラボレーションが見られるのも特徴になっているのだが、今回そのトップバッターを務めたのは、HYOYEON(少女時代)とLUCAS(NCT)。

フレッシュな組み合わせに客席からも歓声が上がる。

SUNDAY

こういったコラボレーションは、その後も続き、SUNDAY(天上智喜 The Grace)とDOYOUNG(NCT)が『Still』をやわらかく優しくデュエットすれば、KANGTAとWENDY、SEULGI(Red Velvet)は『Doll』で美しいハーモニーを聴かせるといった具合。

WENDYは、CHANYEOL(EXO)とも『Stay With Me』をデュエット。2人でドラマチックなバラードを歌い上げ、会場を魅了した。

さらに、いつもはグループの一員として活動しているメンバーのソロステージもタップリ。

f(x)

AMBER(f(x))は『White Noise』をクールに歌い踊り、同じくf(x)のLUNAは『Free Somebody』でアグレッシブな中にも女性らしいラインを生かしたセクシーなダンスを披露。

YESUNG(SUPER JUNIOR)は、リズミカルな『Let Me Kiss』と『Splash』で会場を盛り上げ、YOONA(少女時代)は、アコースティックな楽曲『When The Wind Blows』をピュアで清楚な雰囲気で歌う。

SHINee

そして、9月21日から日本での初のソロツアーを行うTAEMIN(SHINee)は『MOVE』で自分の世界を作り上げ、日本で初めてとなるショーケースライブを終えたばかりのTAEYEON(少女時代)は、スケール感のある『I』とポジティブな歌詞が印象的な日本オリジナル曲『Stay』を歌唱。

既にソロ活動をしているアーティストも多いが、やはり単独でのパフォーマンスはグループとはまた異なる味わい。ひとりひとりの個性が際立つステージを見せてくれていた。

そんな前半の最後を飾ったのはダンス・パフォーマンスのコーナー。

SEULGI(Red Velvet)、IRENE(Red Velvet)、TEN(NCT)、LUNA(f(x))、TAEYONG(NCT)、SEHUN(EXO)、HYOYEON(少女時代)、EUNHYUK(SUPER JUNIOR)といったダンスの名手が次々と見応えあるステージを作り上げ観客の視線を釘付けにした。