宮澤佐江

ニイハオ! 宮澤佐江です。

ーーさあ、佐江ちゃん。今回もよろしくお願いします! 

はい! よろしくお願いしますッ!!

ーー前回は、『クザリアーナの翼』の本公演から約1年で、共演者さんとの再会となった、ガラ・コンサートについてお聞きしましたね。考えれば、佐江ちゃんが「ミラチャイ」の中で、お話してくれた願望や目標が、すでにいくつか叶っていて”すごいな”と思うのですが、実感はありますか?

そうなんです! やっぱり願望は、“言葉にして話した方がいい”とか言いますもんね。

ーーそう言いますよね。去年の七夕に、「同い年で頑張っている人に会いたい」と、言っていたことも、最近実現しましたし。

そう!!! 「ミラチャイ」で三浦春馬くんや、浅田真央ちゃんのお話をしましたよねっ!
(第70回)

先日は、真央ちゃんのお姉さんの浅田舞さんと共演させていただいたんです。速攻、真央ちゃんを身近に感じちゃいました(笑)。偶然にも、舞さんと真央ちゃんの叔父さまが、私をすごく応援してくださっていたみたいなんです。

……ということは?? “浅田舞さんが私を知ってくれているということは、真央ちゃんも私を知ってくれている?? みたいなことですか?”って思っちゃって。ガラコンで三浦春馬くんとも会えたし、これは立て続けにすごいなと思いました。

舞さんはもう現役を引退なさったので、競技会で滑る姿は見られないけど、真央ちゃんの滑っている姿は、絶対に、1回でもいいから見たいと思ってます。

“浅田真央”っていう名前が今みたいに有名になる前、私が小学生の頃かな。学校から帰って来ると、夕方のニュースで“今、こういう子が頑張っています”って紹介していて。それを見ていたんです。

“あっ! 私と同い年の子だ”って、その後もずっと気になっていて。そうしたら、いつの間にかオリンピック選手になっていて。

同い年だからこそ、画面を通して、ずっと見てきた方だったので、“滑っている姿をこの目で見たい”っていう願いは、絶対叶えたいと思ってます。

ーー同級生からの刺激は、やはり格別ですか?

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー