ケース3. 結婚直前までいったのに隠れ既婚者だった男

「交際7か月でプロポーズしてくれた遠距離恋愛のカレとの思い出は、黒歴史としか言いようがありません。

プロポーズしてくれたわりには、結婚式の準備やカレの親への挨拶には消極的で、なんか変だな…とは思っていたんですが、マリッジブルーかなんかだと思って放っておいたんです。

ところが、あるときにそこまで仲良くない共通の知人と会った際に『●▲さんのお子さんが〜』って話が出て、びっくり。

なんと、カレには別居中ではあるものの家庭があり、隠れ既婚者だったんです。

もはやウチの親への挨拶を済ませ、式場の仮予約も済ませていましたが、とんでもない嘘を付かれていたことを知り、破局。

別れるときには『もはや離婚前提の別居中で、必ず離婚するから、待ってほしい』と懇願されましたが、ショックが大きくて、とてもじゃないけどその人との結婚なんて考えられず、無理やり別れました。

その後しばらくは、騙されていたショックのせいで人間不信になりましたね…」(34才女性・Webデザイナー)

既婚者でありながら、立場を偽ってプロポーズとは、大胆かつ失礼な男としか言えません。

しかし仮に気づかないまま結婚式を迎えていれば、とんでもない泥沼を迎えたかもしれないので、こちらも間一髪でセーフになったエピソードです。

*

付き合ってから「こんな男だったなんて!」と驚かされるのも恋愛にはつきものです。

しかし「黒歴史」としか言えないほど、とんでもない男に引っかかってしまえば、そのショックは計り知れません……。

「グルメや旅のライティングのほか、人間観察も得意。生活に密着したテーマの取材を重ねる。旅先で過ごす時間と温泉に浸かっているときが幸せ。結婚願望がなかったのに結婚してしまい、後悔しつつ毎日を楽しんでいる。」

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます