愛知県名古屋市にある〈リニア・鉄道館〉は、実物車両をいろいろな角度から見たり触れたりすることができます。リアルな車両の迫力や本物そっくりなシミュレータなど、鉄道ファンはもちろん、そうでない人もなかなか見ることができない車両に思わず興奮!!

ここでしかゲットできない駅弁やグッズが揃う、夢のようなミュージアム〈リニア・鉄道館〉をご紹介します。

機関車・新幹線・リニア!3つのシンボル車両がお出迎え!

2階から見た感じ

今回の〈リニア・鉄道館〉取材は、閉館後に行いました。受付カウンターにはもう誰もいません。スタッフの人もほとんどおらず、館内はメチャクチャ静まり返っています。

それでは、展示エリアに潜入!!

まず目に飛び込んできたのは「高速鉄道」のシンボルといえる3つの車両です。

「ふわぁ~でけぇなぁ~……」 ←孫 悟空の言い方で。凄すぎて、それしか言えない。

左に展示されている車両は、蒸気機関車特急「つばめ」「はと」などで活躍した、C62形式蒸気機関車です。日本最大・最速の蒸気機関車で、1954年に129km/hを記録しています。

中央に展示されている車両は、955系新幹線試験電車(300X)は、最新・最良の高速鉄道システムを追求するために開発された試験車両です。1996年に車両方式による当時の世界記録443km/hを記録しています。

右に展示されている車両は、超電導リニアMLX01-1は、2003年に山梨県のリニア実験線において、当時の鉄道の世界最高速度(581km/h)を記録。

新幹線の中もじっくり見学しよう!!

2階からみたイベント広場

高速鉄道の歴史がよく分かる車両が一堂に並ぶ「車両展示」エリアは、JR東海発足から現在に至るまでに活躍した車両たちがズラリと並んでいます。

私が生まれて初めて乗った新幹線は「東海道新幹線」。

その車両なのかは覚えていないけど、母が一度はのせてあげようとチケットを買ってくれたことを思い出します。

みんなの思い出や物語をのせて、リアルに走っていた車両がここに展示されているんですね。

あの時乗った新幹線は、どの車両だろう?展示されているかな……?ちょっと調べてみようか……そんなことをやっているうちに、気が付いたら鉄道の世界にハマってしまい、最近は大宮の鉄道博物館や青梅鉄道公園、リニア見学センターなど鉄道にまつわる場所によく行くようになりました。

昔のデザインなのになぜか近未来っぽくも見える

いろいろ行って見た中でも一番好きなのは、やっぱり「食堂車」。

食堂車は、絵本でしか見たことがなく、本当に憧れの車両でした。それが何と今目の前に……なんて素敵なの~!!

食堂車で食べられるお料理のサンプル

「なんで今ないの~!!これ美味しかったの?高かったの~??」

どんなふうに調理して、どういう風に提供されていたんだろう。厨房が立派過ぎだし、知りたいことがいっぱいすぎ!!

電車の食堂なのに、昭和時代のホテルのラウンジみたいな気品があって、気が付くとブルブルしながら窓にべったり貼りついてシャッターを切っていました(笑)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます