映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研

【緊急決定】木村拓哉主演映画『HERO』オフ会全国で開催、参加者大募集!

『HERO』ファン集合! 7月18日(土)より公開される劇場版第2弾『HERO』の公開を記念して、北海道・東京・名古屋・大阪・福岡の全国5大都市でオフ会の開催が緊急決定した。参加者には映画『HERO』オリジナルグッズ(非売品)を全員にプレゼント。ファン同士集まって映画公開を大いに盛り上げよう。

昨年、前シリーズから13年ぶりに放送された連続ドラマのシーズン2が初回26.5%の驚異的な視聴率を叩き出し、モンスター・コンテンツの貫禄を見せつけた『HERO』。

あれから1年、スーツを着ない型破りな検事・久利生公平をはじめ、東京地検城西支部の個性的な面々がさらにスケールの大きな難事件に立ち向かう劇場版第2弾が7月18日(土)からいよいよ全国ロードショー!!

それを記念して、全国5大都市で公開直前!『HERO』オフ会の開催が緊急決定した。

そこでここでは、映画の内容と見どころをイベントの概要とともに紹介!

©2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社

映画は衝撃的な事件から幕を開ける。

パーティーコンパニオンの女性が、ネウストリア公国大使館の裏通りで車に撥ねられて死亡したのだ。

東京地検城西支部の検事・久利生公平(木村拓哉)は事務官の麻木千佳(北川景子)とともに、事故を起こした運転手の取り調べを開始する。するとそこに、かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現われた。

現在、大阪地検難波支部の検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡む恐喝事件を追っていて、その重要な証人が久利生の担当する事故の被害者の女性だったのだ。

これは単なる交通事故ではない。そう確信した久利生と雨宮は合同捜査を開始。だが、ネウストリア公国大使館は、大使館員から事故当時の状況を直接聞くべく出向いた久利生たちを当然ながら迎え入れてはくれなかった。大使館には日本の司法が及ばない「治外法権」が存在するからだ。

それでも久利生は諦めきれず、何度もアプローチを続けるが、やがて事態を重く見た日本の外務省・松葉圭介(佐藤浩市)が圧力をかけてきて……。

今回の映画の見どころは大きく2つ。

1つは日本の中に存在する外国“大使館”という絶対領域に久利生がどう挑むのか?

そしてもう1つは、気になる久利生と雨宮の関係はいったいどうなるのか?

このように劇場版第2弾は、久利生たち城西支部の面々が“治外法権”外交特権“”という見えざる巨大な壁に立ち向かう『HERO』のスピリットを前面に押し出した濃密な内容になっている。

もちろんシーズン2のレギュラーメンバーも個々のキャラを全開させながら、久利生をサポート。全員の思いがひとつになるクライマックスでは思わずグッとくるに違いない。

「映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

公開情報

映画『HERO』
7.18 全国公開
公式サイトへ

MOVIE SPECIALは『HERO』特集!!

「ぴあ Movie Special 2015 Summer」
【巻頭特集】木村拓哉『HERO』
購入する