劇場版『HERO』が7月18日(土)に公開を迎え、主演の木村拓哉をはじめ、北川景子、杉本哲太、濱田岳、正名僕蔵、吉田羊、松重豊、八嶋智人、小日向文世、角野卓造というおなじみの“城西支部”の面々と鈴木雅之監督が舞台挨拶に登壇した。

2001年の連続ドラマの開始以来、SPドラマ、劇場版と長く愛され、昨夏に連ドラの第2シーズンが放送された人気シリーズの2度目の劇場版。型破りの検事・久利生公平が今度は大使館という治外法権の壁を乗り越えるべく奔走する。

客席後方から木村をはじめとする登壇陣が登場すると、劇場に詰めかけたファンは大興奮! 拍手と歓声をが劇場にこだました。これまで一般の観客向けの本作の試写会は一切行われておらず、この日の初回上映が文字通り、本作が観客の目に触れる初めての機会となった。

木村は「昨日までは、(この映画は)僕らキャストやスタッフのものと自負していましたが、今日をもって客席にいるみなさんのものになりました。どんな形でも構いません。みなさんなりの楽しみ方をしていただければと思います」と呼びかけた。

昨夏の連ドラの第2シーズンより参加した北川にとってこれが、本作のファンと直接対面する初めての機会。映画を見終わったばかり客席の熱気を前に「一生懸命、やってよかったです。こんなに愛される作品なんだというのを目の当たりにしています」と感激を口にした。

この日は、登壇陣が指を差すという方式で「この中で一番○○な人」を決めることに。「役柄と普段の姿に一番ギャップがある人」という質問では、川尻検事部長を演じた松重が圧倒的多数の票を獲得。

普段は温厚ながらも急にキレるという性癖を持つ川尻だが、木村曰く普段の松重は「おおらかで本当に温かい」とのこと。松重は役柄と普段が大きく異なるという評価に「光栄です。役者冥利に尽きます」と笑顔を見せた。

「映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます