映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研

【インタビュー】八嶋智人×吉田羊が語り尽くした『HERO』舞台裏

2015.7.24 19:30

シーズン1から参加の八嶋智人と、シーズン2から参加の吉田羊が初対談。ふたりが語り尽くした『HERO』の裏側とは!?

撮影:源賀津己

『HERO』のオリジナルメンバーである八嶋智人と、シーズン2からの吉田羊。

共に舞台出身であり、またこのシリーズでお茶の間での認知がブレイクしたふたりでもある。

だが、遠藤賢司事務官と馬場礼子検事は劇中でもコンビを組むことはほとんどない。貴重な2ショットから見えてくる、『HERO』の世界。

 

──このおふたりは新鮮な顔合わせかなと思いまして。 

吉田 ふたりだけで対談というのはないですよね? 

八嶋 僕はもう光栄ですよ、そりゃ。だって羊ちゃん、美人じゃないですか? いま、吉田

羊、(業界では)取り合いですよ! 

吉田 悪意がある!(笑) 

八嶋 ないっつーの(笑)。その魅力を“あますところ”出してるのが『HERO』かなぁと。 

吉田 “あますところなく”! 

八嶋 さすが! 頭もいい!(笑) 

──吉田さんはこの組み合わせはどうですか?

吉田 ものすごい新鮮ですね。このふたりがコンビを組むなんてことはドラマの中では一回経験して、もう今後はないなと思ったので。 

八嶋 なんで? なんでよ! 

羊ちゃんはパスの返しがものすごく速い

吉田 主張が強いから、(検事と事務官のコンビとして)取り調べになんないだもん。私(馬場礼子検事)が言ったことに対して、遠藤(賢司事務官)さんが「それはさぁ」って返して、どんどん引っ掻き回していくの。どんどんアドリブ増えていってね。 

八嶋 取り調べのシーンじゃないよ。ふたりの部屋の中でのシーンだよ(笑)。でもやっぱり、羊ちゃんはお芝居がやりやすいです。何かこっちが投げたりしても必ず返してくれるし。

『HERO』って、全体的なグルーヴがものすごい大事だから。サッカーみたいなパスをたくさんノントラップで出して行きたいっていうのが好みだとして、途切れなく行きたいというときに、女優さんの場合、という言い方は失礼かもしれないけど、一度球を止めて自分で持つっていうこともあると思うんですね。

吉田 あぁ、持ち続けてしまう。 

八嶋 一回ちゃんと(ボールを持ち)直してからパスを出さないと不安だっていう方が多いと思うんです。そういう意味では、羊ちゃんはパスの返しがものすごく速いですよ。いろんな種類のパスを持ってらっしゃる。美人なのにバカみたいなこともできるって、これ大きい。羊ちゃんの場合、トリッキーな瞬間もすごくあるから、それは気持ちいいですよ。 

「映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

公開情報

映画『HERO』
7.18 全国公開
公式サイトへ

MOVIE SPECIALは『HERO』特集!!

「ぴあ Movie Special 2015 Summer」
【巻頭特集】木村拓哉『HERO』
購入する