映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研

【HERO】木村拓哉×松たか子、今だから言える、撮影現場の濃密エピソード

映画『HERO』では木村拓哉自身もかなりのアイデアを投入したという。撮影現場を見学していて印象に残ったエピソードを中心に、本作を「もっと愉しむ」ためのアイデアを提言したい。

©2015フジテレビジョン ジェイ・ドリーム 東宝 FNS27社

本作の大きな見どころのひとつは、雨宮舞子の帰還だろう。

シーズン2には登場しなかった、この人気キャラクターが、かつてのパートナー、久利生公平とどのようなコンビネーションを見せるか。

シリーズのファンであれば、気になる部分のはずだ。 言ってみれば、今回の映画は、雨宮がゲストと言ってもいい贅沢なエピソードなのだが、ふたりの2ショットは想像以上に多い。そのなかから、4つのシーンをここではピックアップしてみたい。

まず、久利生と雨宮が8年ぶりに対面する場面。

緊張を乗り越える反動で、凄まじいテンションが生まれ、久利生を追いつめていく雨宮を体現する松たか子はさすがの一言。

ここでの久利生は「受け」一辺倒だが、木村は、久利生が手にしているのは調書という脚本の設定を、現場で変更。

通販で買ったと思われる健康器具を持って検事室の外にあらわれ、雨宮の突然の登場に驚く、というファニーなニュアンスを付け加えている。
 

楽しいところでは、タキシードと着物に身を包み、ネウストリア公国大使館に赴くふたりのシーンが挙げられる。

門の前で、見慣れぬ互いの盛装をひやかしあう久利生と雨宮。

久利生が雨宮に「仲居さんみたい」と言い、負けじと雨宮が久利生に「イケてない呼び込みみたい」と切り返す。

この雨宮の台詞は脚本では「イケてないホスト」だった。

だが、木村と松は現場で話し合い、「イケてない呼び込み」に変更。

本番直前、ひっそり台詞あわせをしているふたりは、ほんとうに楽しそうで、まるで秘密の遊びをしているようだった。

「ホスト」ではなく「ホストクラブの呼び込み」とすることで、さらに一段の格下げをおこなう。そのことが、逆に久利生と雨宮の関係性=近しさを物語る。

さり気ない、この名場面は、なんと松たか子がクランクインした日の夜の撮影だった。

「映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

公開情報

映画『HERO』
7.18 全国公開
公式サイトへ

MOVIE SPECIALは『HERO』特集!!

「ぴあ Movie Special 2015 Summer」
【巻頭特集】木村拓哉『HERO』
購入する