映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研

木村拓哉はテレビにおける“最後のHERO”である――「自分自身が憧れる存在」であり続ける覚悟

映画『HERO』で主演を務める木村拓哉。90年代半ば以降、日本における「カッコイイの指針」でありつづけている彼。自身の発言や数々の証言から、テレビにおける最後の“HERO”木村拓哉の生き様を紐解く。

「キムタクはもう終わった」

そんなことを囁かれ始めてもう何年が経つだろうか。

『あすなろ白書』の取手治役で人気に火がついた後、90年代半ば以降、『ロングバケーション』、『ラブジェネレーション』などで次々と高視聴率記録を樹立。その勢いは2000年代になっても衰えず『HERO』はその後、映画化もされる大ヒット。まさに90年代半ばから2000年代初頭の木村拓哉は“HERO”そのものだった。

だが、近年木村拓哉は「キムタク」という呪縛に苦しめられているように見えるときがある。
かつて木村はインタビューで生まれ変わったらもう一度、芸能人になりたいか、と問われ「いや、もういいです」と笑って答えている。
「『キムタク』は一度きりで(笑)」(『AERA』2014年7月28日)と。

彼と同級生でもあるマツコ・デラックスは、「木村拓哉は生身の人間がいちばん手を出しちゃいけないところに手を出しているような気がする」(『続・世迷いごと』)と評したうえで「永遠の若さと永遠のアイドル性。この呪縛に耐えられるのかしら」と綴り、さらにこう続けている。

「これからの木村拓哉というのは、ある種、壮大な実験をしているようなものね。人間、ずっと20代でいられるかって実験。それを乗り越えられたら、すごいよ。神よ」

40歳を超えた木村拓哉。「もう終わった」と言われてしまうのも無理からぬことかもしれない。だが、2014年、“HERO”は文字どおり帰ってきた。第1シリーズから13年の時を経て続編となる『HERO』第2シリーズが放送されたのだ。

始まる前は「なんで今さら?」という声も少なからずあった。だが、木村拓哉は10年以上前に演じた久利生公平の魅力を一切損なわないまま、そこに円熟という名の魅力をさらに加え、予想を上回る好結果を残したのだ。それはまさに「永遠の若さと永遠のアイドル性」に挑む“HERO”のものだった。

「映画「HERO」特集 - ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

公開情報

映画『HERO』
7.18 全国公開
公式サイトへ

MOVIE SPECIALは『HERO』特集!!

「ぴあ Movie Special 2015 Summer」
【巻頭特集】木村拓哉『HERO』
購入する