©韓流ぴあ

2月2日、3日の両日に行われた「APINK JAPAN LIVE PINK COLLECTION」。昨年9月以来の来日となる日本での活動は、先に韓国で行われたワンマンコンサート「2019 PINK COLLECTION:RED&WHITE」の日本バージョンとして開催された。

Apinkが「赤」と「白」を基調とした衣装で、豊洲PITを華麗に舞った

©韓流ぴあ

2日の公演では、オープニングムービーの後、メンバー全員が赤を基調とした衣装で登場。『イルドオプソ』を歌った。初っ端からファンのボルテージも最高潮。韓国での活動時のように、メンバー個人の名前をコールしつつグループを会場に迎えた。

2曲目にヒット曲『NO NO NO』の韓国語バージョン、続いて『ハヌルノピ』を歌った後にメンバーそれぞれからの挨拶があった。

©韓流ぴあ

メインボーカルのウンジが口火を切った。

「ハッピーニューイヤー!」

韓国の旧正月に合わせた挨拶だった。

©韓流ぴあ

リーダーのチョロンは「最後まで楽しんでいってください」。またムードメーカーのボミは「相変わらずかわいくて、カッコいいね! 私たちもかわいくて、カッコいいでしょ!」と個性的な挨拶で盛り上げた。

続けて、2017年の韓国でのヒット曲『FIVE』などを披露した。6曲目の『モルラヨ』からは白い衣装に着替え、スローなテンポの曲をしっとりと聴かせた。

「韓流ぴあ」更新情報が受け取れます