【子連れ旅行】予約サイトは“見ない”! 億劫な旅行計画を成功させるコツ

2015.8.8 13:13

「子どもとの旅はとっても素敵!」と思いつつも、いざ実行となると億劫になりがち。そんなママやパパへ、今すぐ旅行に出かけたくなるようなヒントをお届けします。

旅行先での子どもの笑顔や好奇心いっぱいの瞳には、何ものにも代え難いきらめきがあります。

だからこそ、「子どもとの旅はとっても素敵!」とママもパパも分かっているのですが、どういうわけか、いざ実行となると億劫になりがち。

そんなママやパパへ、今すぐ旅行に出かけたくなるようなヒントをお届けします。今年も夏がやってきます。さあ旅へ!

※この記事はConobieで2015年06月18日に掲載されたものです。

旅に出るって、意外と勇気が必要!

わたしは子連れの旅行が大好きで、直近の3年間で息子2人(現在6歳・3歳)を連れて国内25ヶ所・海外5ヶ国を旅してきました。多い時は毎月飛行機に乗って、子どもたちを全国各地へ連れ出していました。

とはいえ、以前から旅好きだったのかといえばまったくそうではなく、わたし自身はかなり出不精なタイプ。「準備が面倒」とか、「仕事が忙しい」とか、「お金がかかるし、贅沢では?」「子どもの体調不良が心配」…と、旅に対して消極的でした。子連れで旅に出るって、少し勇気がいりますよね。

そんなわたしが、ポジティブに子連れ旅行をするようになったのは、次男が生まれた後。たった4年前のことです。

次男が産まれて3ヶ月くらいのころに、たまたま仕事で関西への出張案件が発生しました。
どうしても現地に行かねばならない仕事でしたが、乳呑み児を置いていくことに迷いがあったので、やむなく子どもたち&夫を連れて家族4人で出張しました。

出張でしたし大変さもあったのですが、それでも家族でいつも違う場所で過ごした時間がなんだか楽しく、帰りたくなかったほど。
そして、帰りの飛行機ではふと「子どもと旅ができる時間は、人生のうちでどのくらいあるんだろう」と思ったのです。

子連れのおでかけや旅行なんて、いつでも行けるような気がしますし、たっぷり機会もありそうですが、よく考えてみると、一緒に旅ができる期間は意外と短いもの。
子どもたちは、大きくなれば休日にも友人との約束ができたり、習い事や部活動、学校の当番、塾や勉強…と、「彼らの個人の都合」が増えていきます。

子どもを連れてゆっくり旅ができる時間は、意外と少ないのです。

旅が億劫になってしまったときの、気持ちの切り替えヒント

”思い立ったが吉日”で、行きのチケットさえ手に入れば、いつだって出発できます。

心も頭も柔軟にすれば、明日からだって旅立てるはず。海も山も川も、お城も砂漠も、わたしたちは世界中どこへだって出かけられるのです。

子ども用のパスポートを用意しておけば、子どもだって世界中に出かけられます。

もちろん、体調や年齢によって、無理なく出かけられる範囲や距離には限りがありますが、工夫をすれば小さい子どもでも、いつもより遠くへ出かけられるチャンスが広がります。

日本地図や世界地図、各地の美しい写真集を広げて、自由な気持ちで行きたい場所を考えてみると、それだけでわくわくしてきますし、どこへでも飛び立てる気持ちになってくるのではないでしょうか。

それでも実際に計画しようとすると、やっぱり旅を億劫に感じるかもしれません。そんな時には、こんな考え方をしてみてはいかがでしょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント