こんにちは、幼児教育研究家平川裕貴です。

「母乳神話」と言われる言葉がありますが、子どもを産んだら「母乳で育てましょう」と言われますね。

もちろん、母乳は赤ちゃんのために分泌されるものですから、母乳育児が、何の問題もなくできるならそれに越したことはありません。

でも、母乳育児ができないからと言って、苦しむ必要はないかもしれません。

今日は、母乳育児ができなくて「自分はダメなママかも」と悩んでいるママに、先日アメリカで発表された研究結果を参考に、母乳育児のデメリットについてお伝えします。

母乳育児がもたらす危険性

アメリカのハーバード公衆衛生スクールと複数の研究者たちによると、ある種の産業化学物質は、癌や免疫機能の低下をもたらすといいます。

PFAS(パーフルオロアルキルスルホン酸類)を含む関連過フッ素化合物と呼ばれる化学物質は、防汚繊維、防水服や食品包装材や塗料など多くの製品に使われていましたが、アメリカでは、人体に与える危険性から2002年に生産が禁止されました。

でも、それらの物質がある日突然消滅したわけではありません。

この有害化合物の影響を調査した結果、食物連鎖で身体の中で濃縮されて、長く体内にとどまり、内分泌や免疫システムの機能不全を起こす可能性があるといいます。

そして、恐ろしいことに、これら有害化学物質は、母乳を通じて赤ちゃんに取り込まれていくというのです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます