宮澤佐江

ニイハオ! 宮澤佐江です。

ーーさあ、佐江ちゃん。今回も、よろしくお願いします。

はい! よろしくお願いします!!

ーー暑かった今年の夏もすっかり過ぎ去って、新しい季節の到来ですね。9月になって、新学期を迎えた人も多いのではないでしょうか。

もう、新学期かー!! 今年の夏は、なかなかハードだったな。 

ーーSKE48も、8月末の松井玲奈ちゃんの卒業や、豊田スタジアムでコンサートを経て、また新しいスタートを切りました。佐江ちゃんも、これからは“先陣をきって行かなきゃいけないな”と、先日胸のうちを話してくれましたね。(第123回)

はい。今、 “一生懸命やっていこう”っていう気持ちが、メンバー全員に本当に生まれているんです。だから、大丈夫。怖くない。うん、怖くないですね。

もしもメンバーの皆が、“これからのSKE48”に無関心で、“誰かがやってくれるだろう”って、思ってる子ばっかりだったら、それはもう、チームがどうなるか分からかなかったと思います。

でも、選抜の子であっても、そうでなくても、本当に皆が皆、“これからのSKE48”に対して、“どうにかしなきゃ”“これで終わりだなんて、言わせたくない”っていう気持ちを持っているんです。

だから、SKE48は絶対に大丈夫。ブレることも、絶対にないと思っています!!

ーー佐江ちゃんの頼もしい発言に、SKE48の活躍がますます楽しみになってきました。また、今後の「ミラチャイ」連載で、豊田スタジアムでのコンサート、そして佐江ちゃんの生誕祭について、じっくり聞かせてくださいね!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます
バックナンバー