【アニメ】「音楽に期待したい秋アニメ」厳選6本、劇伴・主題歌…“音好き”必見!

来月から続々と放送を開始する秋の新作アニメ。脚本、シナリオ、キャラデザ、出演声優……それぞれに注目するポイントがあるかと思いますが、大の音楽フリークである筆者が、劇伴や主題歌など各作品の音楽性を重視し、来期の注目作をピックアップしてみました!

来月からスタートするアニメの新番組。アニメファンであると同時に、大の音楽フリークでもある筆者が、その音楽面にフォーカスして注目すべき6作品を厳選してみました!

アニメファンの皆さんと音楽ファンの皆さんがレコーダーの録画リストを作る際に、少しでも参考になれば幸いです!

劇伴もオシャレでクールな人気作、ファン待望の帰還!
『K RETURN OF KINGS』

10月に放送をスタートするアニメ作品の中でも、特に注目しておきたい作品が、この『K RETURN OF KINGS』。

2012年に放送された『K』の続編であり、昨年公開された劇場版を挟んでの3年ぶりとなる第二シーズンです。本作は、特に女性人気が高い作品で、新シリーズの開幕を待ち望んでいたアニメ好き女子の皆さんも多いことかと思います。

この物語は、"王"と呼ばれる特殊能力者が存在しているパラレルワールドの現代日本が舞台です。

カリスマ性と強大な力を持った王の下には人々が集まり、それぞれがチームや部隊を編成し、勢力が分散している状態となっています。その王と従属者たちが覇権を賭けて抗争する姿を描いた作品であり、そうしたストーリーと設定故に、登場人物が非常に多い点が本作の大きな特徴です。

そして、出てくる男の子や男性は、いずれも美少年、美青年揃い! 女性ファンに熱狂を持って迎え入れられるのも納得の作品です。

一方で、スタイリッシュなアクションシーンや謎だらけで伏線貼りまくりのストーリー展開は、男性が観ても見応え充分。個人的な話で恐縮なのですが、私は第1期のリアルタイム視聴時、主人公であるシロの正体が明らかになり、それまでの「明らかに違和感に溢れた日常描写」の謎が解明された瞬間、ビックリし過ぎて小さい声で「うわっ!」って言いました……。本当にストーリーが上手くできているんです。

そんな『K』なのですが、この作品は音楽面にも大注目をして欲しい作品です!

というのが、本作ではアニメのBGMとしては比較的珍しいハウスやヒップホップといった"クラブ・ミュージック"が使用されており、とにかく音楽がカッコよろしい作品なのです。先ほど貼ったPVでも、バックの音はシッカリと四つ打ちですからね。

非常にオシャレで、なおかつ作品世界にフィットした独特のストリート感を演出する音楽の数々を作ったのは、DJとしても活躍されているという作曲家の遠藤幹雄さん。『K RETURN OF KINGS』でも、遠藤さんは続投されるようなので、この最新作を機に、そのスタイリッシュな音楽を、音楽ファンにも耳にしていただきたいところです。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます

いま人気の動画はこちら!

     

人気記事ランキング

「Character JAPAN」Twitter


dummy 新ライター&カメラマン募集中!

<<<< 詳しくはコチラ >>>>

ソーシャルアカウント